村上紙器工業所の作品

ブライダル用DVDケース(Pケースを入れるタイプ)

2009年05月13日(水)23:09

弊社では主に、結婚式での映像を収めたブライダル用のDVDを入れるケースが大人気です。

中身そのものは、”DVD” つまり単なる”ディスク”ですが、大切なのはその中に入っているコンテンツ(情報)です。

特に、子供さんの入学式や卒業式、そして結婚式。自分の式もあれば大切な友人、可愛い甥っ子、姪っ子・・・など、人生の中でとても大切な瞬間を記録した大事なDVDは、まごころを込めて相手に渡したいものです。

そこで重要になるのが、DVDを入れる”ケース” です・・・。


DVDケース
DVDケース

一般的には、DVDそのものはプラスチックケースに入っていますが、それだけではブライダルなどの大切な映像が入っている”贈り物” を渡すには、ちょっと気が引けてしまいます。

我々の作るDVDケースは、すべて貼箱職人による「手作り」です。
それもそのはず、基本的な構造は「貼箱」と同じですが、ここにあるものは「紙」ではなく、ビニール・レザーやスエード調の生地素材を貼っています。

素材的にも構造的にも、自動機械による量産化は不可能で、我々職人が一つづつ愛情を込めて作っています。(詳しい作業の様子は、こちらのファクトリーギャラリーをご覧ください。)


パッケージを使った、商品(企業)の "ブランド・マーケティング" をしてみませんか?

このDVDケースについてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


手作業 手作業
職人たちによる作業の様子(写真は、DVD製作ではありません。)

DVDケース DVDケース
DVDケース DVDケース

「DVDケース」全体は、構造も含め我々がデザインしたもので、ベースになるボール紙は2mmの厚みがあり、堅さと厚みを持たせて、手に持った時の重量感もあり、また中身の保護性も高めました。

このブライダル用DVDケースの場合、大きく分けると「表紙」、「フタ」、「ミ(DVDが入っている本体)」の三つの部位から出来ています。それらをまず別々に作っていく訳ですが、貼箱の特徴はボール紙で出来たベースに、素材をのり(ニカワ)で貼って仕上げていきます。
しかし、紙などの素材で貼ってしまうと、中がどうなっているかは、基本的に我々作ったものにしかわかりません。

複雑な貼箱は、見た目は単純なようでも、実は様々なパーツが組み合わさって出来ている場合が多く、このブライダル用DVDケースではボール紙や貼る素材などを合わせると全部で14点のパーツで構成されており、また数多くの製造工程を経て完成されます。

特に加工の工程では、”美しく仕上げる” ために様々な工夫をしています。
例えば、上の写真のように素材を貼る場合、「箱」に”巻き付ける”ようにします。一般的には素材を”包む” ように貼るのですが、その場合、”継ぎ目” が箱の四方に現れます。
それを、素材を”巻き付ける”ことで、四隅のつなぎ目を最小限にし、唯一のつなぎ目も内側に持ってくることによって外からは殆ど見えないようにしています。


DVDケース
DVDケース

また、箱に巻いた素材を内側に折り込む際、生地などは紙よりも厚いため、重なる部分をキレイにするため、四隅にカッターナイフで”切れ込み” を入れます。
それをすることによって、重なりが”ゴワゴワ” にならずに仕上がることが出来ます。
それらを含め、きちっとデザインされています。


このDVDケースについてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

現在、ブライダル業者様や映像制作会社様より、お問い合わせを多数いただいています。
ブライダルやメモリアルなどの映像用、あるいはソフトウェア用のケースとして広くご利用いただけます。
ビニール・レザーやスエード調の生地素材は、いくつかの色目などからお選びいただけ、ロット数100〜500個くらい(それ以上も可能です)を中心に、受注生産させていただきます。
ケースのタイトル(表題)やロゴなども、オリジナルでホットスタンプ(箔押し)が出来ます。
お気軽に、お問い合わせください。


「DVDケース」ご紹介のプロモーションビデオです。




2008年6月17日(火)放送の「NHKニューステラス関西」より

「貼箱」作業風景 「貼箱」作業風景
「貼箱」作業風景 「貼箱」作業風景


これらの作業の様子は、「メディア掲載」でのNHKで放送された映像(動画)「中身に勝る!?手作りの箱」をご覧ください。




DVDケースの<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。

現在、ブライダル業者様や映像制作会社様より、お問い合わせを多数いただいています。
ブライダルやメモリアルなどの映像用、あるいはソフトウェア用のケースとして広くご利用いただけます。
ビニール・レザーやスエード調の生地素材は、いくつかの色目などからお選びいただけ、ロット数100〜500個くらい(それ以上も可能です)を中心に、受注生産させていただきます。
ケースのタイトル(表題)やロゴなども、オリジナルでホットスタンプ(箔押し)が出来ます。
お気軽に、お問い合わせください。


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る