チョコレート

公開日:2009年03月16日(月)09:27

貼り箱の中では、一般的によく使われる商品です。
一番オーソドックスな「C式(フタ・ミのかぶせ式)」や「ブック式」、「インロー式」などが一般的ですが、中には変わったものもあります。

チョコレートチョコレート

ブック式の貼り箱です。
「貼り紙」には、ビバルデ(こげちゃ)を表面だけでなく内側も貼ることで、全面総貼りにしています。
ビバルデ(こげちゃ)は、表面には適度なエンボス(凹凸模様)があり、「こげちゃ」というだけあってとてもシックな落ち着いた濃茶色です。

ブック式は、貼り箱の中ではオーソドックスな形式ですが、「C式(フタ・ミのかぶせ式)」に比べて趣(おもむき)のある落ち着いた貼箱の形態です。
菓子などの食品類をはじめ、様々な商品を入れる貼箱に使われています。

この写真の貼箱の場合、トレーを外せば、このままキレイな小物入れなどにも使えます。


貼り箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。

パッケージは、「商品」そして「企業」の "ブランド価値" を伝えるものです。
そして、その善し悪しは "売り上げ" に直結します.....!!

チョコレート
チョコレート
「C式(フタ・ミのかぶせ式)や「C式」の底に台紙を貼付けた「台紙式」、「インロー式」の背部分を繋げた形式も、皆さんに好まれる形です。


かなり特殊な形状ですが、「宝石箱」のような貼箱です。

ある洋菓子メーカーさんの依頼で、作ったものです。
条件は、「チョコレートの入る2段式」、「横スライド」、「全体がスエード調」、そして「宝石箱のような」でした。
全体は、ウーペケーネス(植毛素材:紙とは違い、植毛の肌触りが独特です。かなり高価な素材です。)を貼っています。
上下段のスライドする部分は、寸法出しから製作まで、かなり苦労しました。

一見単純なようですが、実際に作るのは容易ではありません。
材料がすべて揃っている状態でも、加工には大変手間が掛かり、弊社では一日で50個以下の生産量でした。

チョコレートの貼箱これだけ見ると、宝石箱のようにみえるでしょうか。
しかし、もらった人はうれしいかもしれませんね。

チョコレートチョコレートチョコレート
チョコレートチョコレート


貼箱についての質問やご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30