CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー

公開日:2017年02月23日(木)10:31|セミナー・勉強会

昨夜は、「SAGAN GA 大阪展 セミナー「紙と色とデザイン」サガンGA開発秘話」のセミナーに参加して来ました。
SAGAN をはじめとした質感と色のコンビネーションでさまざまな紙の表情を生み出す竹尾エンボスオーダーシステム(T-EOSシリーズ)は、CMFデザインの概念を取り入れてつくられたファンシーペーパーです。

その開発秘話を、DICカラーデザイン株式会社と日清紡ペーパープロダクツ株式会社の担当者からお聞きしました。
パッケージ(貼箱)において普段何となくのイメージから紙を選んでいますが、素材感や色は本来、商品やそのブランドコンセプトなどから選んでいくべき。

私もまだまだ勉強不足ですが、CMFデザインの概念から素材選びをすることで、商品の本質的なものをパッケージを通して伝えていくことが出来ます。
もっと、勉強しないとね〜〜〜!!

竹尾 SAGAN GA 展

「紙と色とデザイン」―サガンGA開発秘話
 後藤史子氏(DICカラーデザイン株式会社)
 坂井敦史氏(日清紡ペーパー プロダクツ株式会社)
 司会:竹尾有一氏(株式会社竹尾 大阪支店 支店長)

CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー・SAGAN GA
CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー・SAGAN GA
CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー・SAGAN GA
CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー・SAGAN GA
CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー・SAGAN GA
CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー・SAGAN GA
CMFデザインの概念を取り入れたファンシーペーパー・SAGAN GA

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30