食パンがギフトに/化粧箱の大切さ

公開日:2020年11月26日(木)13:34|貼り箱

数日前に、新聞に入っていた広告です。
ついに、食パンをギフトにする時代。

食パンなどの食品は、普通の日常に食べるものです。
昔なら、贈答品やギフトにするようなものではありません。

しかし最近は、乃が美などの高級「生」食パンが一つのトレンドになっています。
価格も1本(2斤サイズ)が、@1,000〜2,000円くらいします。
まさに、高級品です。

しかも、ちゃんとしたブランドになっていますから、贈答品としてどこかにお持ちしても喜ばれます。
普通に食べている食パンが、きちんとブランディングができれば立派な「ブランド」になるのです。

ある意味、素敵な時代です。

そしてこの広告では、食パンとジャムとのセットで「ギフトボックス」も用意されています。
箱屋としては、こういうのをみるとちょっとワクワクします。

食パンが、ギフトボックスに入っているなんて〜。笑
私としては貼り箱を提案したところですが、そうなると恐らく中身より箱代の方が高くなりそうです。

こういった食品(パンや果物など)も、立派なギフトになりうる。
そのためにはブランディングやマーケティングを駆使して、ギフト商品として成立させる戦略が必要になります。

特別な贈り物「桃のギフト」化粧箱、貼り箱
https://www.hakoya.biz/item/bottle/item_1179.html
果物、桃、ギフト、化粧箱

弊社で作らせていただいた「桃のギフト」の化粧箱。
桃や葡萄など高級果物はたくさんありますが、化粧箱としては殆どが段ボールケースです。

もちろん緩衝材やコストパフォーマンスに優れていていいのですが、化粧箱としてのデザイン性は「貼り箱」は高級感やブランド力を表現できます。

ただ費用感はかかるのでそこは難しいですが、コストというよりもブランディングのための投資だと考えると、最終的にはブランド資産になります。

ギフトパッケージ・化粧箱として、貼り箱という選択肢があってもいいですね.....。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

食パンがギフトに/化粧箱の大切さ、ブランディング、貼り箱、化粧箱
食パンがギフトに/化粧箱の大切さ、ブランディング、貼り箱、化粧箱

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)