商品パッケージ・化粧箱のテストマーケティング

公開日:2020年10月10日(土)15:38|貼り箱

化粧箱:市場の評価は?
パッケージ調査/パッケージテスト

新商品または既存商品のパッケージ・リニューアルを考える場合、いまのコロナ禍の時代、思い切ったことを試してみるのも一つの方法です。

実際に、今回の新型コロナの影響が出始めてから、多くの企業からパッケージ・化粧箱のお問い合わせやご相談があります。

今のコロナ禍の状況では、一部を除いて様々な商品が売れにくく、そんな中でパッケージを見直したいというご要望を多い状況です。

商品パッケージ・化粧箱のテストマーケティング
商品パッケージ・化粧箱のテストマーケティング

商品のパッケージ・化粧箱は、売上げに大きく影響します。
つまり、パッケージはただの包装資材ではないということです。

商品そのもの、もっと言えばその企業自体のブランド・イメージを表すものであり、マーケティングやブランディングの要素がとても大きいのです。

弊社へのご相談でもよくあるのは、商品は完成していて発売日も決まっている。しかし、肝心のパッケージ・化粧箱が発売前にして決まっていないというケース。

その時点でご相談いただいても、正直かなり難しい問題があります。
まずは時間がない、予算がない、パッケージデザインを一から考えないといけない。ないないづくしです。

こうなると、メーカー(販売)企業が思うようないいパッケージは簡単には作れません。
現実的には、ほぼ難しいケースがほとんどです。

商品パッケージ・化粧箱のテストマーケティング

パッケージについての開発時間、予算、デザインの元では、商品の企画・開発と同時並行で進めていくことが理想です。

そして、とても重要になるのは予算です。
元々パッケージに十分な予算をみている企業は多くはなく、理想があっても予算が追いて来ないことがとくあります。

これは商品自体がそうですが、どんなにマーケティングリサーチして企画開発しても、実際には市場に出してみないと「売れるかどうか」はわかりません。

大手メーカーがすごい予算を掛けてリサーチしても、コケることは珍しくありません。
商品の企画開発は、そのくらい難しいものです。

パッケージも、同じようなところがあります。
特に貼り箱は、化粧箱としては安価なものではないので、躊躇されるお客様も少なくありません。

その場合一つの方法として、貼り箱のテストマーケティングをお勧めしています。
まずは小ロットで製作し、市場に出してみる。

市場の反応をみてから、本格的に採用してみるのもいいかもしれません。
ただ小ロットでの製作は、当然費用は高くなります。

これは包材のコストではなく、マーケティング投資と考えていただくのが正しい考え方です。
もちろん、これは一つの方法です。

貼り箱を使うことをちょっと躊躇されるのであれば、パッケージのテストマーケティングも選択肢の一つですね。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

商品パッケージ・化粧箱のテストマーケティング
商品パッケージ・化粧箱のテストマーケティング

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)