はじめてのオンライン打ち合わせ

公開日:2020年07月30日(木)17:18|貼り箱

Zoomは今までセミナー参加しかしていなかったのですが、先日初めてお客様とミーティングをさせてもらいました。

今ごろっ!! って声が聞こえてきそうですね。笑

約1時間ほどちょっとドキドキでしたが、何とか上手くいきました。
お相手は、離島在住の方です。

今までお客様とはメールや電話でやり取りして特に問題はなかったのですが、やはり動く映像で打ち合わせできるのは中々いいですね。

貼り箱の構造とか、ビジュアルがある方が説明するにはお客様にもわかりやすいようでした。
特に箱の知識がない方には、言葉で説明してもイメージしにくい場合があるので、リアルタイム映像で貼り箱を見ながら話が出来るのはこちらも新鮮でした。

こういう使い方もあるんだと、改めて認識しました。

弊社の場合、かなり遠方からでもお客様にご来社いただくことが多いのですが(東京など関東からはよく来られますし、今までで一番遠方はロサンゼルスから打ち合わせに来ていただいた商社の方々)、こういう方法もありです。

もちろん直にお会いしてお話すのが一番いいのですが、現在のコロナ禍の状況ですし、何よりも遠方の方みなさんがご来社いただけるわけでもありません。

今後オンラインでの打ち合わせや会議が、どんどん増えてくるのでしょう。
町工場も、そういうことに対応していく必要がありますね。

Zoomでの打ち合わせなどご希望の場合は、いつでもお声がけください。
よろしくお願い致します。

zoom100.jpg

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

意思を運ぶ箱。貼り箱以上。村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)