自然光で撮るパッケージ、貼り箱の素直な色合い

公開日:2019年09月15日(日)18:44|貼り箱

パッケージ、貼り箱の色や素材の質感を撮る難しさ

思い立って、日曜日に久々の撮影。普段は工場2Fで撮影用に照明のセッティングをするのですが、休日にしては時間がかかるので、今日は自然光のみで貼り箱の撮影をしました。

貼り箱の撮影はライティングがとても重要で、特に私の場合は光と影を大切にしています。
一般的に商品写真は、全体に光が当たるように影はつくりません。確かにそうすればきれいに見えますからね。

パッケージ、貼り箱の色や素材の質感を撮る難しさ、自然光で撮る貼り箱の素直な色合い

ただそれだといかにもカタログに載っている商品写真のようで、私には面白くありません。
単にきれいな写真ではなく、ご覧いただいたお客様に貼り箱の何かを感じて欲しいのです。

そのため私の撮り方は、ライティングを逆光ぎみにしてわざと影をつくります。
陰影によって写真にコントラストがついて見た瞬間、印象的な写真になるからです。

<逆光でラティングして陰影をつくった貼り箱写真>
パッケージ、貼り箱の色や素材の質感を撮る難しさ、自然光で撮る貼り箱の素直な色合い

今日はライティングせず、自然光での撮影でした。
といっても、やはり自然光が横から差し込むようにしています。
本当は朝の早い時間だと太陽がまだ高く昇っていないので、結構やさしい光になるんですけどね。

自然光の一番いいところは、やはり貼り箱の色合いが素直にでることです。
特に色再現が難しいのは、貼り箱の表面に貼っている白やパール系の紙です。

私はプロのカメラマンではないので、中々ちゃんと色合わせをするのが苦手です。
白を「白」として再現するのは、ホントに難しいです。
そういう意味ではライティング(いつもはLEDライトを使用)よりも、自然光の方がまだ色再現がしやすいですね。

今日の自然光での撮影は、いい感じにできました。
今後もライティングと自然光、うまく使い分けて撮影していきたいです。

<自然光で撮影した貼り箱写真>
パッケージ、貼り箱の色や素材の質感を撮る難しさ、自然光で撮る貼り箱の素直な色合い
パッケージ、貼り箱の色や素材の質感を撮る難しさ、自然光で撮る貼り箱の素直な色合い
パッケージ、貼り箱の色や素材の質感を撮る難しさ、自然光で撮る貼り箱の素直な色合い
パッケージ、貼り箱の色や素材の質感を撮る難しさ、自然光で撮る貼り箱の素直な色合い

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)