貼り箱を探す

ポップアート作品のパッケージ、貼り箱

公開日:2022年05月27日(金)

ポップアート(POP ART)作品を中心に、貴重なコレクターズアイテムなどを扱われているギャラリー様からご依頼いただいた貼り箱です。

NFT作品を収納する箱を、作ってくださいと来られました。

私はアートについては全然詳しくないのでよくわかりませんが、NFT(非代替性トークン)とは仮想通貨に使われている技術を使ったデジタル・アート作品のことだそうです。

そして、それをプリントしたものを収めるパッケージです。

貼り箱自体は、ブック式を採用。

全体は「黒」をご希望でしたが、部分的に「赤」を入れるだけで違った見え方になることをお伝えして、最終的にこの仕様になりました。

すべて「黒」もいいのですがポップアート作品を収納するので、ちょっとした色気をまとわせてみました。

黒と濃い目の赤という組み合わせはまさに大道のコントラストですが、作品を引き立てるにはとてもシンプルな色使いですね。

これはプロダクトのサーフェイス(表面)を表すCMFデザイン(Color:色/Material:素材/Finish:仕上げ)と呼ばれるもので、機能(スペック)だけではない感性価値を生み出すものです。

貼り箱で使われる素材、つまり表面に貼る紙の質感や色の組み合わせ。さらに、それらを手加工によってディテールを丁寧に仕上げるやり方です。

大切なアート作品も、こんなパッケージに入るとまた輝きを増すのかもしれません。

ポップアート作品のパッケージ、貼り箱
ポップアート作品のパッケージ、貼り箱
ポップアート作品のパッケージ、貼り箱
ポップアート作品のパッケージ、貼り箱
ポップアート作品のパッケージ、貼り箱

撮影:EOS R6 +RF24-105mm F4 L
Photo by Makoto Murakami

<貼り箱士のブログ>は、こちらのページへ。
<お客様インタビュー>は、こちらのページへ。
<目的から作例を探す>は、こちらのページへ。
<作例を写真で探す>は、こちらのページへ。
<お問い合わせ>は、こちらのページへ。
(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。

当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)