"Tout changer pour que rien ne change"

公開日:2009年10月25日(日)14:24|家族・友人

先日、ある女性作家から、「村上さんは、"Tout changer pour que rien ne change"(フランス語?) を実践されているように思いました。」といわれました。

"Tout changer pour que rien ne change"

英語では、"We must change to remain the same"。

「変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない。」という意味だそうです。
私も勉強不足で、彼女から言われて、初めて知った言葉でした。

この言葉は、1963年にカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したイタリア人映画監督ルキノ・ヴィスコンティの「山猫(The Leopard)」の中で、俳優バート・ランカスターの台詞とされています。

「変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない。」は、正に逆説的な真理であり、「長期にわたり繁栄したものは、例外なく自己の改革を怠っていない。」ことを表わしています。

それが私のことだとしたら、「そんな、たいそうなことは・・・。」と恥ずかしいくらいですが、”ものづくり屋 ”でありながら「クリエイティブ」を追求し、ワークショップやクリエイターとのコラボレーションなどをしながら、オープンマインドを徹底している姿は、そう映ったのかもしれません。

"We musut change!"

今まさに、我々自身が実行しなければならないことかもしれません。

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

コメント

ぶひんたろう|2009年10月27日(火) 07:14

わかります。やらないと。

hakoya@村上|2009年10月27日(火) 08:40

ぶひんたろうさん

ホントに今、変わらないといけませんね!
頑張りましょう。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)