貼り箱を探す

施術器具のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱の存在

公開日:2019年08月05日(月)14:20

整骨院で整体師さんが施術に使う道具の化粧箱、紙箱として貼り箱を作らせていただきました。

商品は金属製で、それなりの重量があります。
中身の保護に加え高級品のため、デザイン的な要素も考えてこんな貼箱デザインにしました。

製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱

緩衝材として弊社ではウレタンをよく使いますが、大きく分けて「一般品」と「高級品」があります。
厳密には素材の違いで名称がありますが、専門的になるのでシンプルにこの2種類の呼び方にしています。

見た目の質感と柔らかさに違いがあり、「一般品」は柔らかく(スポンジのイメージ)密度も荒いです。指で押せばペコっとへこむ感じ。
もう一方の「高級品」は合成ゴムの感じで、かなり目が細かく比較的固くて押してもそんなにはへこみません。

価格も「一般品」は比較的安価ですが、「高級品」はその名の通りかなり高価です。どちらを使うかは、貼り箱のご予算に直結します。
安く上げたいなら「一般品」を使うしかありませんし、価格よりも品質重視。

製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱

あくまでもパッケージをブランディングツールとして、商品のブランド価値を高める役割だと考えるなら、やはり「高級品」を使う方がいいでしょう。
ここは考え方というか、パッケージ、化粧箱に対する価値観の問題です。

今回はクライアント様の「ブランディングのためのパッケージ」というご希望から、シンプルでありながら高級感があり、上質な化粧箱に仕上げました。

今回難しかったのは、製品のCADデータです。時々あるのですが、先方からきたCADデータが数多くのパスデータで出来ていて、そのままでは木型に落とし込めなかったこと。

元データを作られたときによるのですが、単純なパスデータなら問題ありませんが、無数の細かなパスの集合体になっている場合、あまりにもデータ量が多すぎて、木型の刃をつくることが出来ません。

何が原因かははっきりとわかりませんが、ソフト間のデータ変換時におかしくなることもあります。
単純なパスデータ(CAD)を、いただくまでが中々大変でした。

あとは最初にいただいた図面にある製品寸法と、実際の製品サンプルのサイズ誤差が「数ミリ」あったことです。
聞くところによると元の金属の削りだしはデータから作るので正確らしいのですが、そのあと職人さんが手作業で研磨するために、どうしても個体差が出るとのこと。

製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱

その辺は、「貼り箱」と似てるかもしれません。
こうなるとどれかを基準にするしかなく、最初にいただいた図面寸法で製作することになりました。

モノとしては基準寸法よりも小さくなるとのことでしたので、「大は小を兼ねる」でそれでいくことになりました。
大きいとウレタンに入らないので、この方がいいでしょうね。
製品そのものが変形品なので、多少誤差があってもちょうどいい感じです。

そうして仕上がったパッケージは、まさに製品のブランド価値を高めてくれる存在となりました。
クライアント様にも大変ご満足をいただき、無事納品させていただきました。

ブランドとは、シャネルやグッチなど大きな企業だけのものではなく、企業規模に関わらず競合他社と差異化し独自の価値を持つ存在。

そのブランドの価値を表すパッケージは、企業とユーザーとの大切な接点、コンタクトポイントになるのです......。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱
製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱
製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱
製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱
製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱
s製品のブランド価値を高めてくれるパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱


撮影:EOS 6D +Makro-Planar T* 60/2.8
Photo by Makoto Murakami


貼り箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)