シルバー製アクセサリーのパッケージ(機能性とデザイン性の両立)

公開日:2018年03月09日(金)08:09

「パッケージも商品の一部となるような貼り箱を」とご相談いただいたのは、関東方面のクライアント様。ご希望はシルバー製のアクセサリーを包む「真っ白の箱」のパッケージです。“白い箱”はクライアント様からのご要望が多いものの一つです。けれど実は、白い箱には注意すべき点があるのです。

それは“汚れ”の問題です。私たちが貼り箱に貼るのは、ファンシーペーパー(装飾性の高い特殊紙)が一般的ですが、中でも柔らかな風合いを持つマット系の紙に汚れがつくと、ほとんどの場合は落とすことができません。特に白は、少しの汚れでも目立ってしまいます。

汚れやすい色や素材の紙を使って貼箱をつくる場合、もちろん私たちは製造工程において、細心の注意を払います。しかし私たちの手から離れた後、例えば商品の箱詰めや検品の際、また店頭販売の際などに、様々な人たちがその箱に触れます。その過程の中で、汚れや擦り傷などがついてしまう場合があります。「エンドユーザーの手元に商品が届くまで、パッケージもキレイな状態であってほしい」と願う私たちにとって、「出荷する時さえキレイなら、それでいい」とは思えません。それでは本当にいい貼箱をご提供したことにはならないからです。

クライアント様は多くの場合、箱の色や形など“デザイン性”を優先されます。私たちの仕事は、そこに“機能性”を加味して最終的な形にすることです。機能性とは、商品のサイズや重量に合った箱の強度、扱いやすさ、加工の手間やコストなどです。それらの要素とデザイン性とのバランスをどうとるか。そしてエンドユーザーの手に渡った時の状況まで、いかにイメージできるか。完成した時だけではなく、“その先”の状況を見据えたものでなければ、本当にいい貼り箱だとは言えないのです。

今回の案件では、汚れに比較的強い白いパール紙をご提案させていただきました。箱の内貼りはアイボリーの紙、内装は白いウレタンを使い、ロゴはシルバーの箔押しを使用。商品のアクセサリーと色調が合い、清楚な雰囲気を醸し出すパッケージとなりました。

シルバーアクセサリー貼り箱
シルバーアクセサリー貼り箱
シルバーアクセサリー貼り箱
シルバーアクセサリー貼り箱
CMFデザインパッケージ
CMFデザインパッケージ
CMFデザインパッケージ
CMFデザインパッケージ


撮影:EOS 6D +Makro-Planar T* 60/2.8
Photo by Makoto Murakami


貼り箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30