貼り箱を探す

地域のコラボレーションから生まれたお菓子のパッケージ、貼り箱

公開日:2016年06月03日(金)

「ひらのは」は、枚方のこだわりの食材を扱うお店とのコラボレーションしたお菓子です。

つくられたのは、ナチュラルスイーツ工房 れんげそう オーナーパティシエの渡部人美氏。
長年、有名ホテルでパティシエをされておられました。

このギフトパッケージのデザインは、弊社HP制作でお世話になっている枚方出身でもある株式会社ランデザインのアートディレクター浪本浩一氏。

「ひらのは」は地域のコラボレーションから生まれたお菓子で、デザイナー浪本氏の「パッケージも地産地消で〜。」という発想から生まれました。

そこで貼箱に貼った包み紙は、淀川沿いの鵜殿ヨシ原(大阪府高槻市鵜殿から上牧に広がる淀川右岸河川敷)に群生しているヨシ(イネ科ヨシ属の多年草)を原料につくられた非木材紙の「ヨシ紙」を使いました。

まさに中身から外見、そしてデザインまで地元枚方の思いがこめられています….。

“ひらのは”というネーミングについて。
はじめてそのパイを食べたときに、薄くて軽やかな食感に木の葉のイメージを持ちました。
手のひらの大きさに近いちょうどいいサイズ感と「枚方」を掛け合わせて「ひらのは」とネーミングしました。

木の幹で風に揺れる木の葉たちのように、人の集う場所にそのお菓子があってほしいという願いも込めています。

ナチュラルスイーツ工房 れんげそう
http://www.facebook.com/rengesou0301

大阪府枚方市牧野本町2-9-8
TEL:072-396-5080

株式会社ランデザイン langDesign co., ltd
http://www.langdesign.jp/
大阪市中央区内平野町2-1-2 アイエスビル4C
TEL:06-6484-9386

焼き菓子「ひらのは」発売
http://www.langdesign.jp/blog/design3/item_465.html

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<お客様インタビュー>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱

撮影:EOS 6D +Makro-Planar T* 60/2.8
Photo by Makoto Murakami

こちらは、アートディレクターの浪本浩一氏(株式会社ランデザイン)からのご提供です。

地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱
地域のコラボレーションから生まれたお菓子「ひらのは」の貼り箱

貼り箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。

当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)