ロゴに、隠されたモノとは・・・

公開日:2010年05月13日(木)17:25|デザイン

日本では「国際航空貨物」で有名な、物流サービス世界最大手のフェデックス。
弊社でも数年前、アメリカの企業との取引き時に利用したことがあります。

そのスピードと正確さに、はじめて利用したときはホントに驚きました。
最低でもA4封筒を米国カリフォルニアに送るのに、運賃が当時約4〜5,000円くらいだったのにも驚きましたが、こちらから先方の会社まで約24時間で届きます。
日本国内でもちょっと都市から離れると二日かかるのに、驚くべきことです。

そのフェデックスの「ロゴ」のお話です。

fedex.jpg

みなさんは、気付くでしょうか?
実は「FedEx」のロゴには、「E」と「x」の間に矢印「→」が隠れています。

これは、矢印の持つコンセプト「スピード、正確さ」を、強調せずに忍び込ませているデザインなのです。

デザイン業界などではかなり有名な話なのですが、マーケティング的な要素も踏まえたフェデックスの「ロゴ」。
単にスタイルとしてカッコいいというだけではなく、企業の「本質」を表現した「ロゴ」の姿は、いろいろな思いが詰まっているものなのです。

ちなみに、このFedExのロゴは世界的なデザイン会社ランドーアソシエイツの手によるもので、デザイン料が数億円とも言われているそうです。


<FedExのロゴに関する記述>
http://www.manbowlife.com/archives/2004/12/fedex_1.html
http://blog.livedoor.jp/redbutton_rb4/archives/1469751.html

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

コメント

くま|2010年05月14日(金) 17:55

デザイン料が数億円... というのはやっぱりスゴイですね。
ロゴはそもそも読みにくければ本末転倒...ということで、大企業においても凝ったデザインは不可、シンプルなテキストが大半を占めています。

でも、シンプルなテキスト、変わったフォントも不可... という、非常にありきたりになってしまいがちなその厳しい条件でお客さんの要望を満たして満足して貰えるデザインを造る... 素晴らしい技術・感性ですね。

hakoya@村上|2010年05月15日(土) 15:32

くまちゃん

企業のロゴは、CIの上でも最も重要なものの一つです。
その企業の伝統や歴史、技術などの「本質」を表わすものです。
特にこの「FedEx」のロゴは、マーケティング的には成功した代表例みたいなものですね。
しかしウチのような零細でも、「ロゴ」があると気が引き締まる思いです。
くまちゃんとこも、ロゴを創ってみれば!

貼箱屋@熊谷|2010年05月15日(土) 23:43

くまちゃんとこも、ロゴを創ってみれば!

そうですね! 判りました。では...

6億円、貸してっ! (^^)/

ぽんちゃん|2010年05月17日(月) 13:11

実は「FedEx」のロゴには、「E」と「x」の間に矢印「→」が隠れています。

全く知りませんでした。
面白いですね。車を見かけたら、じっくり見てみようと思います。

6億円、貸してっ! (^^)/

「ナニワ金融道、西成のまこっちゃん」にお願いするとは。。。

hakoya@村上|2010年05月17日(月) 16:18

ぽんちゃん

全く知りませんでした。
面白いですね。車を見かけたら、じっくり見てみようと思います。

すごいロゴです!

「ナニワ金融道、西成のまこっちゃん」にお願いするとは。。。

一日10%の低金利で、おすそ分けします(笑)。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30