貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

クリエーター活動拠点 メビック扇町移転<上> 自立への岐路

2009年06月23日(火)21:07|デザイン

ここ最近私が足しげく通う「メビック扇町」・・・デザイナーなど、いろいろな分野のクリエーターたちが集まる創業支援施設「扇町インキュベーションプラザ」が、入居する大阪市水道局の施設閉鎖に伴い、来年3月に閉館することになった。

私にとっては、様々なデザイナー、クリエーターの人たちとの出会いの場となったとても重要な施設です。

元々、大阪市水道局の施設が耐震性の問題で閉鎖となる訳で、しょうがないというばしょうがない訳だが、メビック扇町の果す役割は計り知れないものがあると思います。

私もその恩恵を受けた一人ですが、器がなくなってもその役割が消える訳ではないので、またどこかの施設での再会を祈るばかりです。

特に、我々のような「ものづくり」と「クリエーター」との橋渡しという重要な機能をまとっている貴重な存在でもあり、きっと、どこかで再会出来ることを切に願っています。


メビック扇町移転<上> 自立への岐路


大阪日日新聞 平成21年6月23日(火)
「クリエーター活動拠点 メビック扇町移転<上> 自立への岐路」より



「クリエーター活動拠点 メビック扇町移転<下> 自立への岐路」は、こちらをご覧ください。



★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント




このページの先頭に戻る