村上紙器工業所の作品

焼酎サーバーセットの大きな貼箱

2016年05月11日(水)08:32

有田焼「焼酎サーバー」セットの、かなり大きな貼箱です。
元々、クライアントさんが同じ商品で、"桐箱"を数年間使われていました。
昔から日本人にとって、桐箱は「高級な商品が入っている」というイメージがあります。

高価なお茶碗など桐箱に入っていることが多いですが、昨今は"桐箱"といっても中国製のものも多く、桐材も中国産のため「日本の桐材」とは品質的な差がかなりあります。

そして商品パッケージとしては、デザイン的に変えることが出来ません。
桐箱そのものに色を着けたり、グラフィックデザインを印刷するということもありません。
桐素材そのままで箱にして、天面に墨文字で箱書きを施すくらいです。
ですので、長い間使っているとデザイン的に飽きてくる。というご相談をいただくことがあります。


焼酎サーバーセットの大きな貼箱

今回もそのケース、しかし難しかったのはサイズ的にとても大きい箱だったことです。
この貼箱の場合、深さがほぼ20cmくらいあります。普段これだけの深さの貼箱は、つくることがありません。形状として、C式(かぶせフタ式)にするとまるまる20cmの深さになるため、選択肢としては「インロー式」になります(元の桐箱も、インロー式でした)。

深い箱で展開面積が大きいため、ボール紙や貼り紙など材料代だけでもかなり費用がかかります。もちろん、これだけ大きいと貼り加工も取り回しが大変です。
製作中も仕上ってからもかなりの場所を取るため、材料手配から製作、梱包と手間ひまのかかる貼箱です。

そして仕上りは、"桐箱"とはまた違うテイストになりました。
紙の風合い、質感が"桐"とはまったく違いチャコールグレーの色とも相まって、独特の表情を魅せています。
商品そのものがいままでと違う新鮮なものになりましたと、これにはクライアントさんも大変喜んでいただきました。
貼箱の大きな特徴である「素材感を活かす」ということが顕著に表現された例です....。


パッケージを使った、商品(企業)の "ブランド・マーケティング" をしてみませんか?

貼箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


焼酎サーバーセットの大きな貼箱
焼酎サーバーセットの大きな貼箱
焼酎サーバーセットの大きな貼箱
焼酎サーバーセットの大きな貼箱
焼酎サーバーセットの大きな貼箱


撮影:EOS 6D +Makro-Planar T* 60/2.8
Photo by Makoto Murakami


貼箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る