貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

初「貼箱製作ワークショップ」実施しました

2008年05月19日(月)22:33|ワークショップ

ついに17日(土)、「貼箱製作ワークショップ」実施しました。
企画スタッフを含めると、総勢20数名というご参加をいただき、ワイワイガヤガヤと、あっという間の5時間が過ぎていました。

デザイナーさんをはじめ、企業の企画担当者の方々や高校のデザイン科の先生、またパッケージに関わる木型などの設計をされている方まで、様々な業種の方にご参加いただきました。

ついに17日(土)、「貼箱製作ワークショップ」実施しました。
企画スタッフを含めると、総勢20数名というご参加をいただき、ワイワイガヤガヤと、あっという間の5時間が過ぎていました。

デザイナーさんをはじめ、企業の企画担当者の方々や高校のデザイン科の先生、またパッケージに関わる木型などの設計をされている方まで、様々な業種の方にご参加いただきました。

最初、企画スタッフから貼箱、紙、印刷加工などを簡単に説明し、そのまま「貼箱製作」に突入しました。
とにかく、約20名の方々に3種類の「貼箱」を作っていただく企画です。
それも、スタッフ以外は全員が貼箱を作るのが、生まれて初めての方ばかりです。

企画段階でここ数ヶ月、スタッフで何回もの打ち合わせをし、製作シュミレーションまでして準備をして来ましたが、本番はフタを開けてみないとどうなるか、全くわからない状態でした。
当日の時間配分についても、予測で計画を立てましたが、これも大人数では予定通りに運ぶのかわかりませんでした。

でも、いざフタを開けてみると、意外なほどスムーズに進行し、参加者の方々も皆さんが上手に作っておられ、こちらが驚く程でした。

初めての方にあれだけ上手に作られてしまうと、こちらの商売は上がったりです(笑)。
そう思うくらい、本当に皆さんが真剣に取り組んでおられました。

後半は、かなりの正確さを要求されたため、かなり時間が掛かってしまい、最後は流石に時間オーバーになったため、我々本職が「C式貼箱」を仕上げました。

約5時間のワークショップでしたが、少しは「貼箱や和紙、印刷加工」のことを知っていただいたように思います。
作業終了後の交流会も、かなりの方にご参加いただき、こちらも約3時間に渡って盛り上がりました。

デザイナーさんにしても、普段コンピューターとにらめっこの毎日でしたから、「自分の手」を使っての製作は、新鮮だったようです。
やっぱり、人間は「モノを作る」ことがDNAとして組み込まれているのかもしれません。
とても、楽しんでいただいた一日でした。

今回は我々にとっても初めての経験で、いろいろ不手際もあったと思いますが、これを反省し、また活かすことによって、今後に続けて行きたいと考えています。

最後になりますが、ご参加いただいた皆さま、そしてこの企画に賛同いただき、ご協力いただいた皆さまに、こころよりお礼を申し上げます。

有り難うございました。



貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ貼箱ワークショップ
貼箱ワークショップ

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

メルフ 須川 |2009年08月20日(木) 18:55

すご〜く楽しく面白かったワークショップでした。
またまた企画してください。
ものづくりのDNAは絶対にありますね。

hakoya@村上 |2009年08月20日(木) 18:56

メルフ須川さん

ご参加、有難うございました。
皆さんに楽しんでいただいて、良かったです。
今後とも、宜しくお願い致します。

和紙問屋☆三代目 |2009年08月20日(木) 18:56

村上さん

こんにちは。
先日は大変お疲れ様でした。

2月の打ち合わせから3ヶ月・・・、
アッという間でしたね。

始めワークショップのお話しを聞いて、
どこまで出来るか?正直分かりませんでしたが、
参画できて、本当に良かったです。

貼箱の作製工程をどこを見ても、手加工の塊・・・。
でも一つ一つに表情があるところに惹かれるのは
私だけではないはずです。

これからも何かしていきましょう!
貼箱ワークショップがいいきっかけになりました。

ありがとうございました。

和紙問屋☆三代目。

hakoya@村上|2009年08月20日(木) 18:57

和紙問屋☆三代目さん

長いようで、短かった準備期間でしたね。
本当に、お疲れ様でした。

皆さんスタッフのおかげで、ここまで来れました。
これをキッカケに、また何かやりたいですね。

ワークショップ「第2段」とか?
でも、デザイン科の先生が生徒たちにと、興味津々でした。
果たして、実現するか?




このページの先頭に戻る