貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

黒谷和紙「工芸の里」(2)

2009年07月07日(火)20:02|ワークショップ

京都綾部にある黒谷和紙「工芸の里」での「和紙漉き体験」シリーズの2回目です。
前回の資料説明から、いよいよ実践へ移っていきます。

まずは、ベテランの方が漉いている現場を見学。
大きさはかなり大きく、横幅は1メートルはあり、奥行きも50センチはあるでしょうか?

これだけの大きさを均等に漉くのは、慣れないと難しいですね。
普通ここは見学だけなのですが、特別に私と浪本さんが体験させていただきました。

簀桁(すげた)は横幅が長く、かなりの大きさです。
以前、ハガキサイズともう少し大きなものは、体験で漉かせてもらったことがありますが、流石にこれほど本格的なものは初めてです。

ハガキサイズを漉くのとは、訳が違います。
「紙素」の入った水を、かなりの量簀桁ですくい上げるのですが、その感覚もわからずちょっとしかすくわないので、簀桁の上で上手く水が踊りません。

しかも、水が沢山あるウチに「紙素」を均等に並べなければならないのに、、やはりコツがわからず、ダマになってしまいます。

もちろん、初めてやって簡単に出来る技ではないのでしょうがないのですが、ちょっと悔しい気も・・・。

多分、コツさえつかめば、ある程度は出来ると思うのですが(勝手に思ってます)、やはり「職人技」ですね。

機械漉きによる大量生産とはまた違う、手作業での「紙漉き」。
やっぱり、「貼箱」に通じるものがあります。

職人さんたちの「想い」が、この黒谷和紙を作り上げるのです。

さて、次回は「和紙漉き体験」シリーズの最終回。
いよいよ、我々の紙漉きです。



黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙黒谷和紙黒谷和紙
黒谷和紙

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

このページの先頭に戻る