貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

「黄金のベローズ」貼箱と共に、デル・コンピューターへ!

2010年03月01日(月)18:45|貼箱

ベローズ&フレキシブルチューブの設計・製造をされている三元ラセン管工業株式会社の高嶋社長様よりご依頼をいただいた、「黄金のベローズ」を入れる貼箱が完成。
高嶋社長様から、その写真を送っていただきました。

三元ラセン管工業株式会社さんは、2009年「デル・スモールビジネス賞」日本国内部門で優勝され、超高真空で使われるコンフラットフランジ付ベローズ(CFタイプ)に金メッキを施した「黄金のベローズ」を、Dell Inc.のマイケル・デル会長兼CEO(最高経営責任者)にプレゼントされます。

「黄金のベローズ」は、三和メッキ工業さんによるメッキ処理を施され、弊社制作の「貼箱」に入れられます。

コンピューター業界を代表するアメリカ企業の会長に渡される訳ですから、そこはやはり日本のものづくりの「レベルの高さ」と共に、「日本の伝統美」を伝えるのが良いと思い、先日作らせていただいた「鬼師 × パッケージプランナー 技術と感性のコラボレーション」和モダンな瓦製品の「貼箱」をモチーフにデザインしました。

箱の表側は、昔の日本家屋の「土壁」を思わせる風合いの紙を選びました。
全体の色味にコントラストをつけるために、箱の上下は「すみ」色に対して、その少しの隙間には濃い「朱色」という配色。

中はその「朱色」に包まれ、日本の伝統美を感じさせる「歴史や文化の香り」のするような「品」のあるパッケージに仕上げました。

また、三元ラセン管工業株式会社さんが出展される5月インテックス大阪での展示会にも、この貼箱と黄金のベローズのレプリカも展示されるということです。
是非、ご覧ください。



「黄金のベローズ」貼箱「黄金のベローズ」貼箱
「黄金のベローズ」貼箱「黄金のベローズ」貼箱
「黄金のベローズ」
「黄金のベローズ」貼箱「黄金のベローズ」貼箱

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

makino|2010年03月05日(金) 11:24

すごいっ。

箱と商品のコントラストが素敵ですねー。
こんなに質感の違うものがひとつになる、というのも面白いなあ。
手触り・重量がなんとなく伝わってきます。

hakoya@村上|2010年03月05日(金) 12:22

makinoさん

有り難うございます。
箱と中身のアンバランスさが、何ともいえません(笑)。
おもしろいコントラストに、なってると思います。

パーツフィーダ屋@大善|2010年03月11日(木) 19:17

インパクトのある写真ですね?
ベローズを入れる貼り箱…

インテックス大阪で見れるのを楽しみにしてます!

hakoya@村上|2010年03月12日(金) 09:28

パーツフィーダ屋@大善さん

有り難うございます。
ミスマッチのような気もしますが、おもしろいコラボです。
三元ラセンさんの展示会も、楽しみです。




このページの先頭に戻る