貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

クリエイターとマテリアルアーティストたち、ジャズおやじとのトークショー

2010年06月18日(金)18:49|展示会

6月16日(水)夜に行われた、「ART & SOUL」展のクリエイターとマテリアルアーティストたちによる、ジャムトークセッション。

「JAZZを視覚的に表現する」という今回の企画で、制作者サイドのエピソードやJAZZに対する思いなどを、ハンドメイドジャズ「澤野工房」代表の澤野由明氏にもご参加いただき、トークバトルを行いました。

我々メンバーだけでは、デザインや素材、加工の話のみになってしまいますが、澤野さんにご参加いただいたおかげで、本格的な音楽-ジャズのお話も聞くことができ、普段とは違った内容になったのは、とても面白かったです。

お越しいただいたお客様からも、ジャズについての質問も飛び出し、メンバーとは違う視点を持てたことは、新しい視野を広げてくれたトークショーでした。

また今回は知人の協力により、Ustreamによる生中継も行いました。
(iPhoneによる撮影のため、音声レベルがとても小さいです。)



< 音声のみは、こちらからお聞きいただけます。>








コンテンツを再生するにはQuickTimeが必要です。
アップル - QuickTime - ダウンロード






「ART & SOUL」展トークショー「ART & SOUL」展トークショー
「ART & SOUL」展トークショー「ART & SOUL」展トークショー
「ART & SOUL」展トークショー「ART & SOUL」展トークショー
「ART & SOUL」展トークショー「ART & SOUL」展トークショー
「ART & SOUL」展トークショー「ART & SOUL」展トークショー

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント




このページの先頭に戻る