貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

和綴じワークショップ

2009年04月27日(月)22:04|ワークショップ

先週の土曜日、小野商店河手さんの計らいで、「和綴じワークショップ」に行って来ました。

参加メンバーは、扇町マテリアル会議の仲間でデザイナーや製造業の人たちです。

ご夫婦お二人で営んでおられる小さな「製本屋さん」ですが、昔ながらの手作業による「和綴じ」などを行なっておられます。
私も製本のことは良く知らないのですが、今回初めて「和綴じ」を経験することが出来ました。

紙に穴を開け、糸で縫っていくという単純な作業ですが、「製本」の基本的な作り方なのだと感じました。
それも、完全に手作業によるものです。

ワークショップの良さは、その道のプロの方に指導していただきながら、我々素人でも「モノ」を作り上がられるということです。

弊社でも「貼箱製作ワークショップ」を行ないましたが、参加する方々は初めての体験で「難しさ」、「楽しさ」、「ワクワク感」を感じながら、「作りあげる充実感」を体験できます。

もちろん参加するのはとっても楽しいのですが(笑)、迎え入れる方は企画や準備など、多くの労力が伴います。
でも、参加した方々の満足そうな顔を見ると、ワークショップをして良かったと感じて、しんどいのにまたやってしまうのです(瀑)。

今回は何も考えずひたすら楽しめて、本当に楽しかったです。

企画、準備をしていただいた小野商店の河手さん、そしていろいろとご指導いただいた、はぎの製本印刷所の萩野さんご夫婦に感謝致します。
有り難うございました。

デザイナーにとっても、製造業にとっても、モノづくりの良さを感じたワークショップでした。

また、今回とっても興味深いものを発見しました。
はぎの製本印刷所さんの二階に、ずらりと並んだ「活版(凸版)」の棚。
本では写真で見たことがありますが、本物を見るのは初めてです。

これらは「印刷用」かと思いきや、何と「箔押し」に使うものだそうです。
現在では、ロゴなどの版下からそれぞれ個別に作るのが普通ですが、ここではこれらの活版を組んで版を作っているそうです。

これだけの活版が、棚に並んでいる姿は圧巻でした。
見た瞬間、ジャーナリスト魂に火が着いたのか、知らず知らずのうちに数百枚もシャッターを押してました(笑)。

ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子ワークショップの様子

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

らんでざいん|2009年04月29日(水) 17:43

和綴じワークショップはいい経験でした!作りを知ると見え方が変わります。
ところでワークショップ後の懇親会はいつもすごく盛り上がるのはナゼなんでしょうね。

hakoya@村上|2009年04月29日(水) 19:11

浪本さん

とても貴重な経験でしたね。
これからも、いろいろなワークショップに参加したいです。
懇親会は、やっぱりハイテンションになります(笑)!!

貼箱屋@熊谷|2009年05月02日(土) 13:25

凄く手の込んだ作業の様ですね、そういった伝統的な部分が
それぞれ職人の方々に伝えられる機会があって素晴らしいと思います。
そういうことがあると、また新しい現代にアレンジされた和綴じが産まれたりするんでしょうね!

hakoya@村上|2009年05月02日(土) 16:25

貼箱屋@熊谷さん

それぞれ職人の方々に伝えられる機会があって素晴らしいと思います。

職人やデザイナーの方々に知ってもらうことで、また新たな可能性が生まれるかもしれません。
「知る」ことは、素晴らしいです!!




このページの先頭に戻る