貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

誰にでも分かる“言葉”で自社を語る。

2009年02月10日(火)12:10|ブランディング

ブランディング・デザインの「有限会社ドライブ」代表取締役芦谷正人氏の発行する「経営がめっちゃ面白くなる!!3分間ブランディング」に、弊社のことを取り上げていただきました。

芦谷氏に出会って約2年、自分の気付かないうちに、自分自身が変わってきたのかもしれません。

これもみな、ブランディングの師匠である芦谷氏のおかげかもしれません。
有難うございます。

内容は、以下の通りです。

■経営がめっちゃ面白くなる!!3分間ブランディング  WeeklyMailMagazine■2009.2.10■ No.148
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ● はじめに『言葉』ありき ●
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちはみなさん!
近頃、“積ん読”に磨きがかかり
瞬く間に100冊以上の本が積み上がりました。
なんとか少しずつでも読み進めなきゃ〜といった
今日この頃です。

では、本日もはりきってまいりましょー!!


誰にでも分かる“言葉”で自社を語る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は『言葉』で自社をブランディングしている
村上紙器工業所社長
村上誠さんのお話をさせていただきます。

村上さんは
大阪西成区にある
いわゆる家内制手工業型の
「貼り箱屋さん」です。

「貼り箱」とは高級な“化粧品”や“洋酒”などを入れるための
手貼りパッケージのことで、
それを家族とパートさんの数人で製造しています。

2年前、僕がはじめておこなったセミナーに
参加されていたことがきっかけで
知り合いになりました。

そのころ村上さんは、

「安価な中国製品が出回り
業界が斜陽産業となっている、
自分のところのような小さな町工場が
価格競争に巻き込まれると
ひとたまりもなく倒産してしまう」

という切実な悩みを持っていました。

それからしばらくして、
デザイナーが集まるイベントで
村上さんと再びお会いする機会があり、
たまたま持参されていた自社の製品を
見せていただきました。

それらは僕の予想と反して、
村上さんの悩みから想像できないような、
工業製品というよりも工芸品といった
すばらしい仕上がりの物ばかりでした。

周囲にいたデザイナーたちも
村上さんの作品に興味を持ち
それぞれ、感嘆の声をあげていました。

そして、このとき出会った
デザイナーのオファーで村上さんは
あるイベントに出品することになりました。

当然、このイベントでは
多くの作品が出品されている中でも、
今まで見たことの無い工芸性の高い
村上さんの『貼り箱』に
観客の注目が集まりました。

このころから
村上さんはあることに気づきました。

それは、

「いくら“いい物”を作っていても
人に伝えようとしなければ
価値を理解してもらえない」

ということです。

それから、積極的に自社製品をアピールするために
様々なイベントに参加しました。
また、プレスリリースをメディアに送り、
新聞や雑誌で自社を語るチャンスを作るようになりました。

しかし、もっと多くの人に自社を理解してもらうためには
誰もが分かるような
『フレーズ』
が必要であると村上さんは考えるようになりました。

そこで、考えた末に編み出された言葉が

『貼り箱界のフェラーリ!!』

でした。

フェラーリは言わずと知れた
イタリアの高級名車メーカーですが
その奥には

「フェラーリは営業マンが買ってくださいと
頭を下げなくてもお客さんが
1年2年待たされようと
手に入れたいと思うような車。

自分たちも
フェラーリのように本当にほしいお客様が
のどから手が出るような製品を提供したい!!」

という想いが込められています。

この『フレーズ』の発見によって
有名月刊誌に見開きで登場し、
ついにはラジオ出演まで果たすことが
できました。

自社の置かれている厳しい事業環境を骨身に感じ
一念発起し、
年間何十本というセミナーに参加したり、
異業界に積極的に飛び込んで
行き着いた結果です。

多くの業界は
自分たちだけの閉塞した世界に存在します。

村上さんも以前はそうだったかもしれません。
しかし、勇気を持って他の世界に飛び込んだために、
新しい価値観に目覚め『言葉』の重要性に気がつきました。


ヨハネ福音書の冒頭には

「はじめに“言葉”ありき」

とあります。


自社のサービスや製品を
誰にでも分かる『言葉』で語る意味を
僕たちは
改めて村上さんから学ぶことができるお話でした。


村上紙器工業所のホームページ(もうすぐリニューアル)
http://www.hakoya.biz/

村上さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/hakoyamakoto/


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〓〓 あとがき 〓〓

来週、またまた上海出張です。
よく人から
国際派デザイナーと言われますが
いつも言っているように
飛行機に乗ってしまえば、たった2時間の距離です。

正直、僕でさえこうして
海外との行き来が活発にする
時代になったことには驚きです。
サブプライム問題ではないですが
世界はリンクする時代となりました。
自分たちの世界に閉じこもらずに
外の世界に向けて積極的に飛び込まないと
置いてきぼりにされてしまいますねー

■お知らせ

このたび、ブランディングに関するコンテンツを
ご提供するために新たなサイトを立ち上げました。
その名も『芦谷正人の「ブランディング・カウンセリング」』
http://www.d-concierge.net/

立ち上げたばかりですが
これから順次内容を充実させて行きますので
お楽しみに!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●いつも、ご愛読いただいている皆様へ●

いつも、「経営がめっちゃ面白くなる!3分間ブランディング」
をお読み頂きありがとうございます。
このメルマガにご意見、ご希望ございましたら
どんなことでも構いませんので
どしどしご意見ください。
より、皆様に役立つ情報を提供させていただくために
日夜励んでまいります!
ご意見・ご希望は以下のアドレスまで
info@drive-inc.jp
よろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━<免責事項等> ━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご紹介した企業、個人、商品などはあくまで事例であり良し悪し
をどうこう述べるつもりはありません。
●原則として無断転載を禁じますが、内容を一切改変せず全文転載
する場合に限り、転載許諾は不要です。
●内容や広告には万全を期しておりますが、購読者個人の責任にお
いてご利用ください。何らかの損害が発生しても、発行者は責任を
負えません。
●自社のブランディング向上のためにどしどしご参考いただいて
結構ですが、コンサルタント等の営利目的での使用はご一報ください。
Copyright(C)2004-2005 DRIVE-inc. All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━<発行者情報> ━━━━━━━━━━━━━━━━
『経営がめっちゃ面白くなる!!3分間ブランディング』発行者:
芦谷正人
発行元:有限会社ドライブ
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町7-11大作ビル4F
http://www.drive-inc.jp/
e-mail:info@drive-inc.jp
登録・解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000169076.html

--------------------------------------------------------------------------------

◎経営がめっちゃ面白くなる!!3分間ブランディング
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000169076/

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

«前の記事|

コメント

このページの先頭に戻る