消費者ではなく、ユーザーのためにパッケージを作る

公開日:2009年02月25日(水)15:58|ブランディング

昨年秋に起こった金融危機を発端とした「世界不況」の中、フェラーリの2008年・世界販売台数は、6,587台と過去最高だったとか。
経常利益は、前年比27%増の約390億円とこちらも最高記録。

それに対して、トヨタ自動車はダイハツなどを含めたグループ全体で世界販売は約900万台。トヨタ単体では、約800万台を販売したにも関わらず、約4,500億円の赤字に転落。

この差は、一体何なのでしょう?

以前、私の知り合いのプロダクト・デザイナーが、こんな話をしてくれました。
例えば、フォルックスワーゲンの「ゴルフ」、誕生してから約35年が経ちますがどの時代のモノを見ても一目で「ゴルフ」だとわかる。

一方、世界一販売台数の多い「カローラ」って車があります。
こちらは誕生して40年以上経ちますが、その時代によって全く「スタイル(デザイン)」が違う。下手をすると、エンブレムを外すとどこのメーカーの車かさえもわからないと・・・。


彼曰く、トヨタは「消費者」を見て、「ユーザー」を見ていない・・・と。


最初この話を聞いても、彼の言うことがよく理解できませんでした。
「消費者」、「ユーザー」・・・一緒と違うの? と、素朴な疑問。

彼が、言いました。
「消費者」とは、商品(製品)を”消費”してくれる人。つまり、企業にとって”儲けさせてくれる人”のことで、「ユーザー」とはその商品の”ファン”になってくれる人のことだと。

ん〜〜〜、なるほど! 奥が深い!!

我々、モノづくりをしている人間(企業)は、自分達の”ファン”を作り、その”ファン”のために、自社の製品を作らなければならないということです。


2009年、フェラーリは新型車『カリフォルニア』(V8・4.3L、430ps/7500rpm、7速デュアルクラッチで、0-100km/hを4秒以下で走ると言われています。)の販売を開始しますが、来年(2010年)分まで既に予約が埋まっている状態です。
つまり、どんなに欲しくてもこの車を買おうとすると、2年は待たなくてはなりません。
2,000万円以上、目の前に現金を積んでも、すぐには買えないものがあるのです。

パッケージ(貼り箱)も同じ。”ファン”のための「モノづくり」を目指したいです。

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30