貼り箱を探す

シューズ・ボックス(靴の貼り箱/化粧箱)

公開日:2012年09月17日(月)16:25

ウエディング・シューズを企画・販売される会社様から、貼り箱の依頼を受けました。
オーダーのウエディングドレス用生地から作る、オリジナル・デザインのシューズ(靴)にこだわり、ビーズやレースなどの装飾をドレスにあわせた演出をされています。

シューズ、靴、ボックス、貼り箱、化粧箱、パッケージ
シューズ、靴、ボックス、貼り箱、化粧箱、パッケージ
シューズ、靴、ボックス、貼り箱、化粧箱、パッケージ

そんなお客様が、こだわりのシューズを入れるパッケージにもこだわるのは、当然のことでしょう。

「箱」をいろいろなサイトでご覧になり、一番「美しい箱」で「質感」もよくわかったとのことで、ご注文をいただきました。

貼り箱のボール紙厚は1.5mm、箱の表面は「五感紙」を貼り、黒の箔押しでロゴを押しています。

サイト内の作例「はさみケース」をご覧になり、このようなイメージというリクエストでした。
このシューズ(靴)ボックスの場合、「はさみケース」とは大きさが違いますが、仕様的には同じものです。

細部にまでこだわり、お洒落にデザインされたウエディング・シューズを収めるには、このシックな雰囲気の貼り箱がとっても似合います。

また、フタの中心に刻まれた黒い「ロゴ」が高級感と高品質を表現していて、ブランディングにも効果的です。

ただし貼り箱を、包装資材としてのコストと考えるとかなり高価です。
機能的な価値以外のブランドとしての「意匠」として捉えてもらうと、また箱としての価値が変わるのだと思います。

これは単なるコストではなく、ブランドへの投資であり、長い目でみていただくと「ブランド資産」になります。

商品パッケージとしては、今までこんな考え方をする方は殆どいないと思われますが、この価値観を変えるとパッケージから業界が変わるかもしれません。

贈られた人が、この貼り箱を開けるときのワクワク感は、まったく今までに経験です。
あなたも、新しいワクワクをつくってみませんか?


<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

シューズ、靴、ボックス、貼り箱、化粧箱、パッケージ
シューズ、靴、ボックス、貼り箱、化粧箱、パッケージ
シューズ、靴、ボックス、貼り箱、化粧箱、パッケージ

ウエディングシューズ提供:シューズ・シルエット様


貼り箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)