貼り箱のブレンダー:「貼り箱士」村上誠のブログ
「ワークショップ」の記事一覧

和綴じワークショップ

2009年04月27日(月)|ワークショップ

先週の土曜日、小野商店河手さんの計らいで、「和綴じワークショップ」に行って来ました。

参加メンバーは、扇町マテリアル会議の仲間でデザイナーや製造業の人たちです。

ご夫婦お二人で営んでおられる小さな「製本屋さん」ですが、昔ながらの手作業による「和綴じ」などを行なっておられます。
私も製本のことは良く知らないのですが、今回初めて「和綴じ」を経験することが出来ました。

続きを読む

ワークショップの様子

唐長ワークショップ

2009年03月22日(日)|ワークショップ

創業380年以上、昔ながらの完全アナログ技法で京唐紙を作るただ1軒の唐紙屋、「唐長」

その唐長のワークショップに、友人と一緒に参加して来ました。

今回から十一代目当主とおかみの二人が中心となり、ご指導いただきました。
唐紙づくりでは、昔からの技法で、便箋の大きさの唐紙6枚を作りました。
板木(はんぎ)は唐長文様を使い、新たに彫ったものを使いました。
また、当主の談話では、唐紙づくりの技法、絵の具の配合や配色、和紙、文様のことなど、これまで唐紙に携わってきた経験談を交えたユニークな内容をお聞きしました。

続きを読む

唐長ワークショップの様子

貼箱製作ワークショップ・第2段

2009年02月15日(日)|ワークショップ

昨日、弊社ロゴ及び名刺のデザインを創っていただいた、牧野(ヴィジュアル計画マーレ)さんが講師をされているデザイン専門学校の生徒さんが、弊社工場に「貼箱製作ワークショップ」の体験に来られました。

最近の学生は、デザインといってもMacで制作することが主流で、学校でもアナログの作業をすることがあまりないそうです。

牧野さんに以前から、「学生たちに、貼箱製作を経験させたい!」と伺っていたのがやっと実現しました。
昨日やって来たのは、牧野さんを含め15名の生徒さんと先生で、牧野さん以外は「貼箱製作」はもちろん初めてです。

今回スタッフとして、和紙商の河手さんと木型製作の鈴木さんにも、お手伝いいただきました。
折角の機会なので、お二人には和紙と木型についてレクチャーをしていただき、生徒さんたちにも紙や加工についても学んでいただきました。

続きを読む

ワークショップ風景

初「貼箱製作ワークショップ」実施しました

2008年05月19日(月)|ワークショップ

ついに17日(土)、「貼箱製作ワークショップ」実施しました。
企画スタッフを含めると、総勢20数名というご参加をいただき、ワイワイガヤガヤと、あっという間の5時間が過ぎていました。

デザイナーさんをはじめ、企業の企画担当者の方々や高校のデザイン科の先生、またパッケージに関わる木型などの設計をされている方まで、様々な業種の方にご参加いただきました。

続きを読む

貼箱ワークショップ
  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)