クリエーター活動拠点 メビック扇町移転<上> 自立への岐路

公開日:2009年06月23日(火)21:07|デザイン

ここ最近私が足しげく通う「メビック扇町」・・・デザイナーなど、いろいろな分野のクリエーターたちが集まる創業支援施設「扇町インキュベーションプラザ」が、入居する大阪市水道局の施設閉鎖に伴い、来年3月に閉館することになった。

私にとっては、様々なデザイナー、クリエーターの人たちとの出会いの場となったとても重要な施設です。

元々、大阪市水道局の施設が耐震性の問題で閉鎖となる訳で、しょうがないというばしょうがない訳だが、メビック扇町の果す役割は計り知れないものがあると思います。

私もその恩恵を受けた一人ですが、器がなくなってもその役割が消える訳ではないので、またどこかの施設での再会を祈るばかりです。

特に、我々のような「ものづくり」と「クリエーター」との橋渡しという重要な機能をまとっている貴重な存在でもあり、きっと、どこかで再会出来ることを切に願っています。


メビック扇町移転<上> 自立への岐路


大阪日日新聞 平成21年6月23日(火)
「クリエーター活動拠点 メビック扇町移転<上> 自立への岐路」より



「クリエーター活動拠点 メビック扇町移転<下> 自立への岐路」は、こちらをご覧ください。



★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼箱について、企画、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいということでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)