メディア掲載

感性に響く「貼箱」で、ブランド価値を伝える(Bplatz press 2017.8月号掲載)

2017年08月16日(水)|新聞・雑誌

大阪産業創造館が発行する情報誌「Bplatz press」8月号に、「感性に響く貼箱で、ブランド価値を伝える」と題して、掲載をしていただきました。
丁寧に取材ただいた、大阪産業創造館のスタッフの方々に感謝致します。
ありがとうございました。

また、今月23日に行われる大阪産業創造館主催の「パッケージ展2017」にも出展しますので、商品パッケージでお困りの企業様は、是非弊社ブースをのぞいてみてください。よろしくお願い致します。

【パッケージ展2017】
【伝わる!広告宣伝・ブランディング展】
(同時開催)8月23日(水)  10:30-17:00 ※入退場自由・要予約
大阪産業創造館 3F・4F(※共通受付は4F)
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=23745

<感性に響く「貼箱」で、ブランド価値を伝える>

厚さ約1.5mmのボール紙で組み立てられた箱に、紙・布・特殊クロスなどを貼っていく「貼箱」の作業工程はすべて手作業。
接着剤として使われる天然素材の膠(にかわ)は、箱の形状や素材、厚みなどに合わせてブレンドする。膠は速乾性があり、10〜20秒間で貼る必要があるため、季節ごとの室温や使用量の調整は職人技だ。接着しにくい時は布越しにアイロンをあてて接着をゆるめ、箱の角を立てる作業など、上質な貼箱をつくるための手間ひまは惜しまない。
創業から40年のノウハウを蓄積する村上紙器では、パッケージの企画・デザインから製造まで、一貫した提案を行う。大きさや形状はもちろん、素材や色を選んでオリジナリティを発揮できるのが貼箱の醍醐味。
貼箱の用途は幅広く、さまざまな業界から案件が飛び込んでくるが、手加工にこだわり、素材の風合いを活かした特殊技術があるため、高い要求にも応えることが可能だ。
「パッケージは単なる入れ物ではなく、つくり手の想いを包むものなんです」と話す村上氏。貼箱は商品を引き立てるだけでなく、その商品を製造・販売する企業のブランド力を高めることができると考える。めざすは、「美しい普通」。派手さはなくとも、10年、20年経って朽ちない美しさを追求している。
今後も、クリエイターとの協働や、表面の要素であるColor(色)、Material(素材)、Finish(仕上げ)を意識した「CMF®デザイン」を取り入れるなど、学びの姿勢をもち続ける村上氏。商品企画の段階から参加してブランディングに関わり、感性に響く貼箱を生み出すことをめざしている。
少数精鋭で「貼箱(モノ)を通して価値(コト)を売ること」に、これからもこだわっていく。

Bplatz press 2017 08 vol.197より



bplatzpress2017082.jpg

bplatzpress2017081.jpg

コメント




このページの先頭に戻る