メディア掲載:新聞・雑誌

「大阪人」デビュー!!

2008年11月02日(日)|新聞・雑誌

2008年11月1日発売の月刊「大阪人」(発行:財団法人大阪市都市工学情報センター)12月号に、村上紙器工業所が掲載されました。
内容は、以下の通りです。よろしければ、ご覧ください。

***************************************************************************

「村上紙器工業所 夢は貼箱(はりばこ)界のフェラーリ」

鍛え抜かれた確かな技術と、磨き抜かれた豊かな感性を、持ち寄って、新たな活路を切り開く。
大阪の職人よ、クリエーターよ。まさに連帯の時、来たれり!
代表者 村上 誠・談


大阪メイドな名品「貼箱」

ー「価格競争」から「価値競争」へー

黒いシックな箱をご覧ください。超高級オーディオメーカーから依頼を受けて製作しました。CDのかすかなノイズさえ、逃さず取り除く特殊なフィルターを入れます。
小さな製品といえども、かなりの高額。発送する際、製品を収納する容器ですので、通常なら丈夫なボール箱でもかまいません。
しかし、同社の発想は違いました。顧客は音楽をこよなく愛し、耳の肥えたオーディオマニアばかり。製品を取り出した後も、箱を手元に残し、小物入れなどに利用してもらおう。心地よい音楽を聴きながら、末長く自社のファンになってもらえるのではないかと考えました。当社も精一杯の知恵と技術で、心に響く箱作りに打ち込みました。

パッケージが直面する方向性は、二極分化しつつある。
ひとつは徹底したコストダウンの厳しい道。昨今の経済環境下では、コストダウンの格好のターゲットになりかねない。受注を巡り、業者間で価格の叩き合いが生じ、コストダウンを助長する。残念ですが、否定できない現実です。
もう一つは、企業活動の付加価値向上に貢献する明るい道。パッケージは単なる容器ではない。製品やブランドのイメージアップにより、企業価値そのものを高める可能性を、パッケージは秘めています。

お金はいくらかかってもいい。新機種のプレゼン用に、とっておきのパッケージを作って欲しい。
当社にも予想外の注文が舞い込むように。前者が「価格競争」なら、後者は「価値競争」。私たち中小企業が勝ち抜くには、「価格競争」から「価値競争」への構造転換が必要です。


ー寄り道回り道は「コラボ道」ー

1952年(昭和27)、祖父が創業。紙器の中でも、貼箱(はりばこ)という特殊な技術を得意としてきました。
ボール紙で箱を作る。次に天然素材であるニカワを熱で溶かし、箱の表面に、紙や布地などを貼り付けていく。ニカワは冷えると急速に硬くなる。すばやく正確な熟練技が要求されます。

とはいえ、職人たちが表に出ることはほとんどない。いつも下請け仕事を粛々とこなしてきました。が、待っているだけでは仕事は細るばかり。全く違う業界の人たちとの交流を始めました。
デザイナー、アーティスト、クリエーター。当初は戸惑いましたが、当社の貼箱をすごい、すごいと褒めてくれる。
褒められると、うれしい。こちらも真剣になる。アイデアをぶつけ合い、思いきって斬新な貼箱を仕掛けてみた。いきなり商売にならなくてもいい。何かのご縁でサンプルを見て、お付き合いが始まることが少なくありません。

貼箱屋の3代目ですが、この道ひと筋は、性が合わない。放送局の技師、保育士を経て、カナダへ。レストランの皿洗いに、日本人観光客相手のカメラマン。若いころ、仕事を変えながら、旅に明け暮れました。どんなに多くの人たちと出会ったことか。
今は異分野の皆さんとのコラボレーションを進めていますが、振り返ると、私の人生、コラボレーションの連続。寄り道や回り道も、「コラボ道」につながっていた。

めざすは貼箱界のフェラーリ。確かな技術や豊かな感性を持ち寄って、新たな活路を切り開きましょう。大阪の町工場から、世界の名品、逸品が生まれる日を信じて。


***************************************************************************


「夢は、貼箱界のフェラーリ」・・・・・

「フェラーリ」とは、ご存知の通り世界最高のスポーツカー専門の自動車メーカーです。
最近、私がとっても興味を持っている企業の一つです。

例えば、トヨタの年間生産台数は約800万台以上。それに対して、フェラーリは約6,000台くらいしか作りません。

しかし、フェラーリの最低価格は2,500万円以上しますし、おまけに新車を注文しても、1〜2年待ちは当たり前です。
それだけのお金を払って、しかも一年以上待っても、お客様に「欲しい!!」と思わせるだけの魅力(ブランド価値)があるということです。

そんな魅力ある「貼箱」を、私たちは作っていきたいと考えています。

大阪人12月号 大阪人12月号 大阪人12月号


ー「大阪人」についてー
知っているようで知らない大阪。
大阪にさまざまな歴史、魅力、可能性が溢れています。
ひとつのテーマをとことん掘り下げる特集と、多彩なジャンルの連載記事。
大阪に行ってみたいと思っているあなたはもちろん、大阪人のあなたにも、新たな発見がきっとあるはず。
きめ細やかな取材で「大阪人も知らない大阪」を紹介しています。

コメント

F.R|2008年11月03日(月) 09:50

またまたメディア掲載おめでとうございます。
年々村上さんは進化していきますね。
貼箱界のフェラーリ・・・頑張って下さい。
応援してま〜す。

hakoya@村上|2008年11月03日(月) 10:35

F.Rさん

年々村上さんは進化していきますね。

有り難うございます。
こうやって、メディアで取り上げていただけるのも、情報発信のおかげです。でも、まだまだ、勉強ですね。

貼箱界のフェラーリ・・・頑張って下さい。

大風呂敷を広げ過ぎました(笑)。
それに、負けないように精進しますので、これからも宜しくお願い致します。

貼箱屋@熊谷|2008年11月04日(火) 10:23

素晴らしい! それこそ様々な人々と出会い、様々な箱作製にトライして、新しい箱、技術、モノ、人脈、販路、感性を身につけつつあることがワタシには解ります。 
アナタのその文章には、考え方には全くもってブレが無い。

ステキです。

hakoya@村上|2008年11月04日(火) 12:22

貼箱屋@熊谷さん

記事はライターの方が書いてくださったのですが、私の「想い」を上手く表現していただいています。
最近、やっと自社の進むべき方向が見えて来ました。
このままブレずに、進んでいきたいですね。
これからも、よろしく!!




このページの先頭に戻る