メディア掲載

「夕刊フジ」に、掲載いただきました

2007年09月26日(水)|新聞・雑誌

 本日、9月27日(木)夕刊フジ「神内治の新大化け前の関西中小企業」のコーナーに、村上紙器工業所を掲載していただきました。
弊社初の「マスコミ・デビュー」です。

タイトルは、「中身に勝る箱手作り」。
ちょっとカッコよすぎるタイトルで、実態がなかなかついていけていない分、恥ずかしいです・・・。

しかし、この記事に負けないように、これからも「商品の価値を高める箱」を作っていきたいと思います。
皆さん、宜しくお願い致します。

記事内容は、以下の通りです。

----------------------------------------------------------------------------------------
 
 従業員5人以下の零細企業が大半の業界で、生き残るための命綱は高付加価値。手づくりのこだわりパッケージで新たな販路を拓く「箱屋」。

 貼箱??ボール紙で箱の形をつくり、その上から紙や生地素材などを貼ってつくるパッケージ。和洋菓子や化粧品、ブライダル関連などの高級化粧箱として使われることが多い。

 村上紙器工業所は、その貼箱のメーカー。従業員はパートを勘定に入れても6人だが、ほとんどが5人以下の零細企業という業界では平均的規模だ。
 「大きなところから下請けとして仕事を受ければ、ロットは多くなりますが、単価が安く、機械化しないとまったく採算が合いません。かといって機械を入れると、それを動かすために、原価を割るような安い仕事も受けないといけない。

それではと、規模に合わせて少ロットの注文ばかり受けていても、しょせんは箱ですから、そう大きな利益が上がるわけではありません。実際、ここ数年は、後継難で廃業するケースが増えています」

 貼箱業界の現状を説明する村上誠さん(44)は、村上紙器工業所の3代目。1952年に祖父が創業した貼箱製造業を、2005年に父から引き継いだ。しかし、バトンを渡されたものの、自身がいうように、業界の現状は厳しい。
「これまでは何とかなってきたが、だんだん利益が出にくくなっている」という状況を打開するために、村上さんが選んだのが、培ってきた技術を活かした「高付加価値のパッケージ」だ。

 例えば、型抜きをしたボール紙を組み立て、箱のフタ部分をつくるとき、通常はコーナーを止めるのにテープやワイヤーを使う。が、そうすると、紙を貼ってから跡が浮き出てしまう。そこでテープもワイヤーも使わなくてすむ構造を工夫した。
 工程はほとんど手作業。機械は、紙を接着するためのニカワを均一に薄くのばすのに使うだけだ。

 この技術が見込まれ、昨年9月、大手化学メーカーから分析器具のパッケージに、という案件が来た。ほぼ1年がかりで開発に取り組み、今年9月初めに出荷した貼箱は、高級感だけでなく、中身を守る保護性能の高さが特徴。
 しかも、素材のボール紙はほぼ100%リサイクルされた古紙で、貼っている紙も古紙が50%、ケナフが20%。接着剤のニカワも天然素材で、環境に対するやさしさにも評価が高い。

 また、あるハイエンドユーザー向け高級オーディオのメーカーでは、CDのデジタル信号伝送時のノイズを除去する製品の箱に採用された。表面に貼ったのは、レザーのような黒い紙。そこに同じ黒の箔でロゴを打ち、コントラストの違いで見せるデザインは、箱そのものが商品になるのではないかと思うほどだ。

 「まず、パッケージが、その商品を選ぶ要素になります。中に入っている商品を使ったあとも、その箱が他の用途に使われることで、そこに記載されている商品やメーカーのロゴが目にふれ、PR効果を発揮します。そして何より、パッケージが中身の商品そのものの価値を上げることに役立つのです」

 単なる包装資材とは違う価値を見いだしてもらえれば、と村上さんはいう。貼箱が「しょせんは箱」という価値観を完全に超えたとき、村上紙器工業所は間違いなく大化けするはずだ。

    *        *        *

 大阪市北区の扇町インキュベーションプラザMebic扇町で開催される「この街のクリエイター博覧会2007」(会期=10月2日〜12月21日)で、村上紙器工業所の貼箱が展示される(展示期間は10月2日〜12日、16日〜26日)。

夕刊フジ-2007年9月27日

コメント

営業マン@パーツフィーダ屋 |2007年09月26日(水) 18:07

夕刊フジへの掲載、おめでとうございます♪
以前から、プレスリリースを準備してきた甲斐がありましたね!
しかも、大きなスペースで!

ちなみに、村上紙器さんの記事の右下には、ちょっと縁のある企業さんの名前が・・・

なんだか、縁を感じた紙面でした!

貼箱屋@熊谷 |2007年09月26日(水) 19:38

これはスゴイ、ホントにスゴイ!
貼箱の地位向上に二役も三役もかってくれています。
大きな効果があるといいですね!また教えて下さいね。

hakoya@村上|2007年09月27日(木) 02:05

営業マン@パーツフィーダ屋さん
有難うございます。
縁のある企業さんが同じページに・・・ご縁ですね。

貼箱屋@熊谷さん
「貼箱」をもっと世間に知ってもらいたいですね。
そのきっかけになれば、嬉しいです。

じぶけん|2007年09月27日(木) 07:25

記事拝見しました。

すばらしい内容ですね
思わず、相談をしたくなりました。

具体的には、製品を入れるのではなく、カタログや会社案内なんかを入れて
送れて、二次利用できる箱(製品が重量物なので・・・)
もちろん外見や質感にはこだわって・・・
ロゴやメッセージにしっかり添えて

企画から相談ということで
ブランディングツールに使いたいです!!

ドライブさんとのコラボでやりたいですね

F.R|2007年09月27日(木) 09:56

「マスコミ・デビュー」おめでとうございました。
夜中に2軒目のコンビニで1部だけ残っておりゲットしました。
知り合いにこの記事見せびらかしたいと思います。

これからも、第2弾第3弾のマスコミ登場期待してます。

YOPPY|2007年09月27日(木) 11:33

掲載、おめでとうございます。
どんどん周りの方が、マスコミ・デビューされて「いつか、俺も!」と
思いますが、実際 まだまだですわ。

村上さんは、お会いしても面白いから 今度はテレビ取材を期待しています。

hakoya@村上|2007年09月27日(木) 12:13

じぶけんさん

具体的には、製品を入れるのではなく、カタログや会社案内なんかを入れて送れて、二次利用できる箱(製品が重量物なので・・・)

企画から相談ということで、ブランディングツールに使いたいです!!
ドライブさんとのコラボでやりたいですね

えっ、ホンマですか?
昨日も、「このクリ博覧会」の打合わせで、ドライブ芦谷さんとお会いしました。芦谷さんとのコラボで、「名刺立て箱」を作ります。
芦谷さんに、お話ししときましょうか?

hakoya@村上|2007年09月27日(木) 12:19

F.Rさん

「マスコミ・デビュー」おめでとうございました。

有り難うございます。

知り合いにこの記事見せびらかしたいと思います。

どんどん、見せびらかしてください。
これからは「男前・・・箱」に改名します。(笑)
YOPPYさん

掲載、おめでとうございます。

有り難うございます。

どんどん周りの方が、マスコミ・デビューされて「いつか、俺も!」と思いますが、実際 まだまだですわ。

弊社でもデビュー出来ましたから、YOPPYさんとこだったら、絶対デビューできますよ!!

村上さんは、お会いしても面白いから 今度はテレビ取材を期待しています。

NHKから、取材来ないかな〜。

ちーさん|2007年09月29日(土) 01:52

はじめまして。
ジュースをお届けする為の箱を探していて
島屋紙器工業所さんに行き当たりました。

また、ご相談するかもしれません。
その際には、どうかよろしくお願い致します。

hakoya@村上|2007年09月29日(土) 20:40

ちーさん

ようこそ、お越しくださいました。

「みかんと共に笑いあり、涙ありの人生を送っています。」

みかんと送る人生、素晴らしいですね!!

ジュースをお届けする為の箱を探していて・・・ご相談するかもしれません。その際には、どうかよろしくお願い致します。

そちらこそ、宜しくお願い致します。
手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

このページの先頭に戻る