村上紙器工業所の作品

箔押しについて

2015年12月08日(火)14:49

箔押しをするためには、まず金属の版を作ります。そして金・銀・パールのほか黒や色のフィルムを金属版で紙に熱圧着します。そのため、箔の部分が少しエンボスされるのも特長で、箔の色とエンボスによって高級感が演出されます。

※写真をクリックすると「スライドショー」が始まります。
矢印キー(◀▶)で、写真がスライドします。

黒・箔。紙(ハーフエア)。印刷しにくい紙なので、箔押しが適しています。黒・箔。黒い紙に、黒の箔押し。シックないい雰囲気です。プラチナ金・箔。一般的な金箔よりも、上品な落ち着いた金箔です。クリア(透明)・箔。透明の箔なので、下地の紙の色で雰囲気が変わります。クリア(透明)・箔。透明の箔なので、下地の紙の色で雰囲気が変わります。箱内面への箔押しは先に紙を貼ってから押すので、若干箔面が凹みます。プラチナ金・箔。一般的な金箔よりも、上品な落ち着いた金箔です。黒・箔。黒い紙に、黒の箔押し。シックないい雰囲気です。クリア(透明)・箔。透明の箔なので、下地の紙の色で雰囲気が変わります。プラチナ金・箔。一般的な金箔よりも、上品な落ち着いた金箔です。黒・箔。印刷の黒よりも、くっきりとした黒です。銀(シルバー)・箔。白・箔。金・箔。一般的な金箔です。写真では光の当たり具合でわかりにくいですが、右奥のプラチナ金に比べて黄色が強い金色です。白・箔。白い紙に白の箔押し。一見目立ちませんが、お洒落な雰囲気です。銀(シルバー)・箔。赤・箔。かなり珍しい色の箔押し。箔押しは、金、銀、黒などが一般的です。銀(シルバー)・箔。

このページの先頭に戻る