村上紙器工業所の作品

陶器(ぐいのみ)の箱

2011年10月09日(日)15:34

ジャズ繋がりの陶芸作家さんから、「ぐい呑み」のギフトボックス(パッケージ)のご依頼をいただき、「貼箱」を製作させていただきました。

私は陶芸のことはあまりわかりませんが、「結晶釉(本焼きの途中で釉薬(ゆうやく)の中の成分が大きな結晶になる釉薬のこと)」という技法を使った陶芸作品を作られています。きらきらとした結晶が、独特の"味"になっている器です。

今までは、普通の「保護箱(梱包するための箱)」を使われていましたが、特にギフト商品としては味気ないので「化粧箱」を作りたいとご相談を受けました。
それで出来上がったのが、この「貼箱」です。

和モダン風な外観に、フタの内面は鮮やかな黄緑色に。
ちょっとしたワンポイントが、目に鮮やかに映ります。

さて、キレイな衣装を着た器たちは、どこに「お嫁入り」するのでしょうね?


ちぇらみか・しげみの徒然陶芸
ギフト専用貼箱


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。

パッケージは、「商品」そして「企業」の "ブランド価値" を伝えるものです。
そして、その善し悪しは "売り上げ" に直結します.....!!


陶器(ぐいのみ)貼箱
陶器(ぐいのみ)貼箱
陶器(ぐいのみ)貼箱

撮影:ちぇらみか・しげみ様


貼箱についての質問やご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る