村上紙器工業所の作品

活版名刺の貼箱

2012年01月06日(金)15:23

最近、秘かに人気が高まっている「活版名刺」。
その活版で刷られた名刺を納める貼箱です。

昔は印刷といえば「活版」だったのですが、時代とともに消えていき今ではオフセット印刷(平版)が一般的な印刷方法です。

しかし、「活字を拾う」ことで作られる活版印刷は、紙が凹んだ感じといい、またその紙選びによって、独特の風合い、存在感を創り出します。
おもしろいことに中年以上の方には「古い」イメージがありますが、若い方にとっては逆に「新しい」ものに映ります。

しかも、もう最近は殆ど見かけなくなったせいで、昔を知っているひとにとっては懐かしく、そしてどこか温もりを感じるものになっています。
そんな「活版名刺」ですが、今のデジタル時代にはない"独自価値"を持つことで、再び注目を浴びています。

それを提供する側の「思い」があり、お客様はそれを"欲しい"、"持ちたい" という「こだわり」がすごくあります。

そこで最近よくお問い合わせをいただくのが、この「活版名刺」を納めるパッケージとして、"貼箱" が注目されています。

活版名刺へのこだわりがあり、それを納める箱にもこだわりや愛着を感じる感性に、「貼箱」は答えているのかもしれません。


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。

パッケージは、「商品」そして「企業」の "ブランド価値" を伝えるものです。
そして、その善し悪しは "売り上げ" に直結します.....!!


活版名刺ボックス
活版名刺ボックス活版名刺ボックス
活版名刺ボックス
活版名刺ボックス


「名刺」ではありませんが、活版印刷された「タロットカード」のパッケージとして採用された貼箱です。

<タロットカード制作>
大崎 善治 
タイプデザイン、グラフィックデザイン(主に本)、小さな活版印刷を軸に活動。
著書:『タイポグラフィの基本ルール』

card2.jpg
card2.jpg


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る