村上紙器工業所の作品

額縁の貼箱

2011年06月16日(木)14:07

作家さんの絵を額縁に入れて販売されるということで、ご相談をいただきました。

額縁は一般的なものですが、額縁に付いてくるのは「保護」のための段ボール箱。
よくあるやつです。

中身は作家さんの作品なので、購入されたお客様にお渡しする際にはちゃんとした箱に入れた状態でお渡ししたいとのことで、お話をいただきました。

「濃い赤」がイメージというので、選んだ紙はビオトープGA(ベリーレッド)。
この紙は濃色系があるので、重厚感のある雰囲気にはとてもよく似合います。写真では額縁が入っているのでわかりませんが、箱の内面は黒い紙を貼っていて表面の「ベリーレッド」とのコントラストが印象的です。

貼箱の形式は「C式」(ミ・フタかぶせ)と、とてもシンプルな貼箱ですがこの色合いと紙の質感が、上質感を醸し出しています。

これは正に、貼箱「本来」の良さを表わした箱といえるでしょうね。


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。

パッケージは、「商品」そして「企業」の "ブランド価値" を伝えるものです。
そして、その善し悪しは "売り上げ" に直結します.....!!


額縁箱
額縁箱
額縁箱
額縁箱額縁箱


貼箱についての質問やご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る