村上紙器工業所の作品

CHOPSTICKS(箸)

2010年11月30日(火)21:31

デザイン会社さんが創った、CHOPSTICKS(箸)を入れる貼箱です。
このCHOPSTICKS(箸)は、独創的なアイデアと優れた日本の技術を結集して創られました。


<CONCEPT>

CHOPSTICKS.JPはドメイン名であると同時にブランド名でもあります。
日本を代表する箸ではありませんが、その名の通り、パーツからすべて日本で作られています。

私たちの製品は、独創的なアイデアと優れた技術、そしてそれによって生み出される作品を愛することができる人達のためのものです。

そのデザインは最先端の加工技術を駆使して、素材である金属の美しさを引き出しています。そしてその品質は“最高のものを作る”という明確な意思がなければ達成できない水準にあります。

私たちの願いは永く使われるものを作り、それが永く愛されることです。
世代を超えて受け継がれるもの。
そういった想いをCHOPSTICKS.JPの製品に持っていただければ、私たちにとってこれ以上の喜びはありません。

サイト「chopsticks.jp CONCEPT より」  http://chopsticks.jp/


CHOPSTICKSパッケージ(貼箱) 写真提供:株式会社ゼペッツデザイン様 CHOPSTICKSパッケージ(貼箱) 写真提供:株式会社ゼペッツデザイン様

CHOPSTICKSパッケージ(貼箱)CMFデザイン 写真提供:株式会社ゼペッツデザイン様

写真提供:株式会社ゼペッツデザイン様


このように企画とデザインをされたデザイナーの"思い"がいっぱい詰まったCHOPSTICKSですが、そのパッケージにも相当な"覚悟"を持って弊社へ問い合わせをされました。

我々は「貼箱」を創る人間として、その"思い"に答えなければなりません。

このCHOPSTICKSに合うパッケージは、どんな貼箱なのか?
デザイナーの"思い"を噛みしめながら、ご提案させていいただきました。

このCHOPSTICKSは、耐久性や安全性などから素材にステンレスを選び、その美しい輝きはステンレスの表面をバフ研磨処理によって文字通り鏡のように仕上げたものです。

その「機能美」という本質を輝かせるために、貼箱全体はレザー調の紙である「Sベランカラーラミ(現在は製造中止)」を選びました。

黒いシックな輝きを魅せる重厚でコンパクトな貼箱に仕上げ、内装は通常のウレタンでなく、より極めの細かい発泡体を使用し高級感も演出しました。

大量生産、大量消費を前提としたものではない、このCHOPSTICKSと調和した素晴らしい商品パッケージに、お客様にも喜んでいただきました。

販売サイト「chopsticks.jp」では、"PARTNERS(各分野のパートナーの優れた技術と高い品質によって、CHOPSTICKS.JPの製品は作られています。)"として弊社も掲載していただいています。

このように、お客様の役に立てたことを嬉しく思います。


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。


CHOPSTICKSパッケージ(貼箱)CMFデザイン
CHOPSTICKSパッケージ(貼箱)CMFデザイン
CHOPSTICKSパッケージ(貼箱)CMFデザイン CHOPSTICKSパッケージ(貼箱)CMFデザイン CHOPSTICKSパッケージ(貼箱)CMFデザイン


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る