村上紙器工業所の作品

徳治昭氏・イラスト貼箱

2012年08月20日(月)11:41

先日、昨年の年末ジャンボイラストに続き、2010年サマージャンボ宝くじのイラストを描かれたイラストレーター・童画家の徳治昭(とく はるあき)氏からご依頼いただき、制作させていただいた「クッキー用貼箱」です。

徳治昭氏は、イラストレーターとして手描きからCGまで対応し、出版・広告・キャラクターデザイン等手がけておられます。
童画家として、展覧会を中心に絵本やカードブック・グッズ等も展開。
2006年よりジクレー版画の発売も開始されていて、その他にもアートイベントを企画するなど多方面で活動されながら、ほっこり・かわいい童画で皆さんのココロを癒しています。

今回のお話は知人のデザイナーさんからのご紹介でしたが、徳氏のかわいい童画にこころを奪われ、これで貼箱を作らせていただけたら、とっても可愛い箱が出来るだろうなとワクワクした気持ちで、作らせていただきました。

徳氏から今回「貼箱」のイラストを創るのが初めてとお聞きしましたので、絵を描いていただくに当たり、展開図面や実寸の貼箱のボール紙や貼り紙も準備して、説明させていただきました。

「貼箱」は、トムソン箱(*)のような「平面」の箱と違い、ボール紙の折れ曲がる部分(箱の角)で、微妙に絵がズレるので注意が必要です。

徳氏にはそのことを十分説明させていただいた上で、貼箱の構造を理解していただき、絵の制作をしていただきました。
出来上がってきた「絵」はズレることもなく、見事にピタリといきました。

アクリル絵具を使ったアナログ描かれた絵の原画は、徳治昭氏による手作業によるもので、この貼箱の原画は、約一ヶ月掛かって描いた力作です。

あとでお聞きしたところによると、もし「ここをあと2mm、左に寄せてください。」となると、その部分を一旦消してまた描き直す。」のだそうです。
一回で、ピッタリといってよかったです(汗)。

注釈:トムソン箱(*)
   薄いボール紙に印刷して木型で打ち抜いた後、組み立てる紙箱。
   組み立てて初めて立体の「箱」になるが、元々は「平面」なもの。     


この貼箱は、カフェダイニング「カフェ・ド・マルシェ」様にて、クッキーを入れての販売になります。

カフェ・ド・マルシェ
寝屋川市東大利町10-1 モモタロー1F
電話・FAX 072−828−3016

「徳治昭童画展〜ほっこりワールド&童画集出版記念」の様子は、こちらをご覧ください。


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。

パッケージは、「商品」そして「企業」の "ブランド価値" を伝えるものです。
そして、その善し悪しは "売り上げ" に直結します.....!!


徳治昭氏とのツーショット
<徳治昭氏とのツーショット>


徳治昭氏イラスト貼箱
徳治昭氏イラスト貼箱
徳治昭氏イラスト貼箱
徳治昭氏イラスト貼箱徳治昭氏イラスト貼箱徳治昭氏イラスト貼箱


貼箱についての質問やご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

このページの先頭に戻る