村上紙器工業所の作品

ジュエリーケース・ボックス

2010年05月25日(火)15:06

あるジュエリーケースを収めるパッケージとして作らせていただいた「インロー式貼箱」です。

最初、バイオリン型のジュエリーケースとその付属品を収めたいとお話をいただきましたが、商品の大きさや形状がハッキリとわからなかったので、貼箱のサイズや商品の収め方を決めるのに苦労しました。

後日、商品の現物をお預かりし、お客様と打ち合わせをさせていただきました。
貼箱の深さがあったためインロー式にし、全体の色目は「白ベース」に。

特徴は、中のインロー部分とフタのウチ面は植毛材を使っていることです。
そのため、見た目はシンプルな貼箱なのですが、構造上結構複雑な作り方になりました。

植毛素材は「ソフトウーぺ」を使い、箱全体は「白ベース」でエンボス(表面の凹凸感)のあるものというリクエストから、タントセレクトなど何点かの紙をピックアップし検討した結果、「五感紙(荒目:ナチュラル)」になりました。

その後、中身のセッティングの具合を調整し、最終寸法を決定。
製作をさせていただきました。

お客様や最終クライアント様にも、ご満足をいただきました。

納品後のお客様から、他社でも見積をとりましたが実は半分以下で出てきて正直、悩みました。けれど、最終的には「作って欲しい方」「誠実に対応してくれる方」というのが、判断基準でお願いし大正解でした。

と、いっていただきました。
(どの業界でもそうですが、特に「貼箱」は工場各社によって、かなり価格差があります。)

弊社の場合お客様から、パッケージ案件についてじっくりとヒアリングさせていただき、
箱のデザイン、素材、そして役割などをご提案させていただく、
「貼箱のコンシェルジュ」のような役割を担っていると考えています。


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。


撮影協力:Pieni Studio 千田香代子様

ジュエリーケース・ボックスジュエリーケース・ボックス
ジュエリーケース・ボックスジュエリーケース・ボックスジュエリーケース・ボックス


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る