村上紙器工業所の作品

ネイル用アートボックス

2010年01月18日(月)21:48

ネイルサロンで、ネイルアート等のサンプルをディスプレイするためのアートボックス(貼箱)を作らせていただきました。

こちらのネイルサロンでは、ネイル業界市販品の「アートボックス」を使われていました。
しかし、価格の割にボックスそのものが品粗で、施術を行う時に溶剤が着くと汚れたり紙が剥げたりするため、短期間で買い換えなければならないようでした。

そこで弊社へご相談をいただき、「しっかりと丈夫で、お洒落なアートボックス」の製作依頼をいただきました。

そこで貼箱本体は、1.5mm厚のボール紙を使い、しっかりと強度を持たせました。
通常の貼箱との大きな違いは、ご覧のように「フタ」の天面が大きく開いていることです。
そのため「大きな窓」のあるフタ生地は、トムソン抜きをして四隅をテープ止め。小ロットの製作のため、フタの包み紙はそのまま貼り、「窓」部分は一個ずつカッターナイフで切り取っていきました。

「窓」内側の四隅も、カッターナイフですべて切り込み、内側へ巻き込むように折り込んでいます。

紙は、パール系の「きらびき」を貼っています。
結構厚めのボール紙を使うことで、貼箱全体がとてもしっかりしたものになり、パール系の紙がお洒落な感じを漂わせています。

お店のスタッフの方にお聞きしたところ、「溶剤が箱についても汚れや紙が剥げにくく、持ったときの感じがとってもいい。手に馴染みやすく、さわり心地がいいです。箱が丈夫なので、今までのようにすぐ使い捨てにならず、ギフトボックスのような高級感があり、お客様にも褒めて頂いています。」との感想をいただきました。

「女度アップ」に磨きをかけるネイルアートの現場でも、「貼箱」がお役に立てることに嬉しさを感じます。

<ご注意>
こちらの商品は、「貼箱」のみです。
(窓に貼る透明板、中のクッション材は含まれていません。受注生産のため、100個以上から承ります。)


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。

パッケージは、「商品」そして「企業」の "ブランド価値" を伝えるものです。
そして、その善し悪しは "売り上げ" に直結します.....!!


ネイルアートボックス ネイルアートボックス
ネイルアートボックス ネイルアートボックス
ネイルアートボックス ネイルアートボックス
ネイルアートボックス ネイルアートボックス
ネイルアートボックス ネイルアートボックス


取材協力:ネイルサロン「nail nail」様 http://nail-nail.jp/


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る