村上紙器工業所の作品

スワロフスキー・ベルト

2009年03月17日(火)00:58

スワロフスキー・ベルトを入れるパッケージとして、採用された貼箱です。
価格は10万円近くするものですが、高級感とデザイン性を兼ね備えた斬新なパッケージを探しておられ、弊社に声がかかりました・・・。

クロコっぽいその質感にお洒落な感覚、デザイナーを始めとする企画されたメーカーさんもにも、大変満足していただきました。
「うるし紙」と呼ばれる、業界では昔からある「古い紙」ですが、逆に若いデザイナーの方などは存在を知りません。

確かに、クラフト・ベースで作られたこの「うるし紙」は、「擦れに弱く、表面の色が落ちやすい」、「一般の洋紙などに比べると、破れややすい」など、紙としては欠点もありますが、現代の洋紙にはない独特の風合いや、刺々しいまでのテクスチャーには人を引きつける魅力があります。

「漆紙」貼箱スワロフスキー・ベルト
「うるし紙」で作られた貼箱(採用されたのは「黒」)と、スワロフスキーのベルト


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。


洋紙にもクロコっぽい感じの紙がありますが、この「うるし紙のクロコ(黒)」のようなテクスチャーはありません。

極端なエンボス(凹凸模様)が、”艶 ”のある表情を醸し出しており、それを貼箱にすることで見事な”色気 ”を演出しています。

「うるし紙」には、いろんな表情のものがあります。
一見、かなり「ドギツイ」紙ですが、料理の仕方次第では他にはない”魅力 ”ある表情貼箱になるでしょう!!


「うるし紙」貼箱「うるし紙」貼箱
「うるし紙」貼箱「うるし紙」貼箱「うるし紙」貼箱


貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る