村上紙器工業所の作品

重箱

2009年03月17日(火)00:55

2008年6月、平和紙業「ペーパーボイス」 PAPER VOICE(大阪市)で行われた「WAGAMI」展(企画:クリエイティブユニット「SET.com」)に出品したオリジナル作品です。

お花との相性も、お洒落で素敵ですね。!!

<重 箱>
通常、「重箱」というと「おせち」や「お弁当」のイメージがあります。箱としても「おにぎりが入る」くらいのある程度の深さがあります。
ありきたりのものは面白くないので、「箱」というよりは「プレート(お盆)」に近いイメージで浅い箱(内寸約2cm)し、素材には質感が良くエンボスの効いた和紙(もみ紙)を使用しました。

また、作品ということもあり「コスト重視」ではなく、「貼箱」そのものの造りにも工夫を凝らし、重ねた時に垂直面がフラットになるようにしています。


重箱撮影重箱撮影
重箱撮影重箱撮影重箱撮影
撮影後日、お花のキレイなうちに、再度撮ってみました。(撮影:村上誠)


重箱、トラベレター重箱、トラベレター
重箱、トラベレター重箱、トラベレター重箱、トラベレター
重箱重箱
重箱、トラベレター重箱、トラベレター重箱、トラベレター


<撮影メイキング>
決して広くはないですが、天井高が4メートルもあるお洒落なデザイナーさんの事務所で撮影が行われました。
私も、プロカメラマンさんの撮影立ち会いは、初めての経験です。

フォトディレクションは、ホームページのデザインを手掛けていただいているランデザインの浪本さん。
やはりこれも、我々ではこんなシチュエーションで「貼箱を撮る」という発想は浮かびません。

浪本さんが全体を構成、お花屋さんに「重箱」を持ち込み、どうすれば ”絵 ”になるかを打ち合わせされたそうです。
”パッケージ ”としてお花をデコレーションしているとも見えますし、”お花 ”としての一つの ”作品 ”とも言えます。
何とも、不思議な感じです。

「フォトディレクション」の重要性が、初めてわかった気がしました。
”クリエイション(創造) ”とは、こういうことなのですね。
我々製造業には、まだまだ足りない部分です。
こんな刺激がもっと欲しいと思う、今日この頃です。

会社の女性スタッフの皆さんも、一緒にお手伝いしていただいています。
彼女たちの ”センス ”が、より一層「貼箱」を引きたててくれることは、言うまでもありません。
こういう時の「女性の感性」は、とっても重要ですね・・・。

そんな「ひと味」違った空間での<撮影メイキング>を、お楽しみください。


貼箱撮影貼箱撮影
貼箱撮影貼箱撮影
貼箱撮影貼箱撮影
貼箱撮影貼箱撮影貼箱撮影

※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。

こうして出来た写真の仕上がりは、フォトギャラリーに掲載しています。
是非、ご覧ください。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る