村上紙器工業所の作品

剃刀ケース

2009年06月20日(土)17:34

「職人が丹精込めて生み出した逸品」・・・技を極めた職人が一点ずつ丹精込めて仕上げた、純国産オールステンレス製の両刃剃刀の貼箱です。

印刷会社様から、こちらの剃刀メーカー様初の高級両刃剃刀を発売されるに当たり、パッケージのご依頼をいただきました。

<剃刀ケース> 資料提供:フェザー安全剃刀株式会社<両刃剃刀> 資料提供:フェザー安全剃刀株式会社

当初、メーカーのイメージされていたデザインを元に、少しアレンジをさせていただき、貼箱本体はシンプルなブック型になりました。

表紙部分は、独特のエンボスで質感のある「タントセレクト」を使い、ミ(箱本体)はシンプルな黒紙を使い、内装は硬質ウレタンなど検討を重ねた結果、「高級感」を追求したいとのことから、最終的にサテン張りのゲスになりました。

貼箱自身は、シンプルな「ブック型」ですが、ゲスに収まる特選両刃ホルダー、ホルダースタンド、替刃ケースは、それぞれ形状、大きさ、厚みが違うため、これらをすべて上手くセット出来るゲス(サテン張り)を作るのに苦労しました。

普段、こういった形状、大きさ、厚みが違うものを、ゲスにセットすることは殆どありません。
しかも、ただ入ればいいという訳ではなく、ある程度固定出来なければなりません。
ホルダーやスタンドなどを沈める部分の微妙な寸法出しは、弊社でも困難な作業です。

木型製作会社のご協力もあり、シビアな寸法出しにも成功し、納得のいく製品を作りあげることが出来ました。


<両刃剃刀> 資料提供:フェザー安全剃刀株式会社
<剃刀ケース> 資料提供:フェザー安全剃刀株式会社


販売用のPOPには、こう書かれています。


「お手にとっていただいた方に、生涯ご愛用いただける製品を」
フェザー特選両刃剃刀はこの思いを一心に、
技を極めた職人が一点ずつ丹精込めて仕上げた逸品でございます。


日本人の伝統的な技がいっぱい詰まった、素晴らしい製品を丁寧にお客様へ伝えていく。
我々の作った「貼箱」がそのお手伝いが出来たことは、誇りに思える出来事です。

これからも、「貼箱」が出来ることを探し求めたいですね・・・。


パッケージを使った、商品(企業)の "ブランド・マーケティング" をしてみませんか?

貼箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


<剃刀ケース> 資料提供:フェザー安全剃刀株式会社
<剃刀ケース><剃刀ケース>
<剃刀ケース><剃刀ケース>
<剃刀ケース><剃刀ケース>
<剃刀ケース><剃刀ケース>
<剃刀ケース>

撮影協力:トキワ印刷株式会社様  資料提供:フェザー安全剃刀株式会社様


貼箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問い合わせページへ ?
「作例を目的で探す」用途・箱の形式・イメージ・内装別と、質感・箔押の紹介
「作例を写真で探す」

このページの先頭に戻る