作例を目的で探す » 箱の形式で選ぶ

DVDケース

主に、ブライダルなどの映像ディスクを収める専用ケース。
以前はプラスチック製ケースを収めるものが多かったですが、最近は「ディスクをケースに直接取り付けるタイプ」が主流になっています。

オリジナルDVD紙製ケース(ブライダルなど)紙ジャケ

弊社で作っているブライダルなど映像コンテンツの「DVDケース」は、以前はビニールレザーやスエード生地を貼ったもので、一旦ディスクをプラスチックケースに入れてそれをケースに収めるタイプが主流でした。
しかし、最近はお客様から「ディスクを、ケースに直接取り付けるタイプ」のお問い合わせがよくあるので、新たなオリジナルDVD紙製ケース(見開き紙ジャケ)を開発し現在はこのタイプが主流です(もちろん、CDケースにも使えます)。

詳細はこちら

DVD収納ファイルボックス

デザイン会社様のご依頼で作った、企業の「100周年記念ファイル(DVD収納ファイルボックス)」です。

詳細はこちら

DVDケース(貼箱タイプ)

現在、DVDケースでは「DVD紙製ケース」がダントツの一番人気ですが、ある程度費用的にもかかるため、こちらの "貼箱タイプ" もあります。

これは、貼箱のC式(かぶせフタ式)をベースに内装にウレタンを使い、DVDプラスチックケースごと納めるようになっています。

詳細はこちら

ブライダル用DVDケース(Pケースを入れるタイプ)

弊社では主に、結婚式での映像を収めたブライダル用のDVDを入れるケースが大人気です。

中身そのものは、”DVD” つまり単なる”ディスク”ですが、大切なのはその中に入っているコンテンツ(情報)です。

詳細はこちら

お問い合わせページへ ▶

このページの先頭に戻る