世界報道写真展2009

公開日:2009年08月16日(日)15:58|音楽・写真

最近、毎年恒例となった「世界報道写真展2009」を観に行って来ました。

私の写真の”原点 ”ともいうべき「報道写真」。
それは、現場で起こっている瞬間を「切り取る」こと。ビデオ映像とはまた違った「瞬間」の映像には独特の説得力があります。

商品写真のような「商業撮影」と違い、正に「生身の姿」を撮影することです。
特に、この「世界報道写真展」は、世界中の一線級のカメラマン達が撮った「生」「死」「愛」「憎しみ」「喜び」の瞬間を切り取ったものです。

平和な日本にいると想像もつかない「世界の現実」を、目の当たりにすることが出来ます。
「写真」の持つ表現力、感性、そして「底力」を観たような気になりました。
「写真」って、スゴイです!!

年に一回、この「世界報道写真展」で、写真の原点を思い起こさせてもらえます。
皆さんも、是非ご覧ください。(〜8月20日まで)


「世界報道写真展2009」

会  期:2009年8月11日〜8月20日 
午前11時〜午後8時(入館は午後7時30分まで)
会  場:ハービスHALL(ハービスOSAKA B2F)
主  催:世界報道写真財団、阪神電気鉄道株式会社、朝日新聞社
後  援:大阪府、大阪府教育委員会、大阪市、大阪市教育委員会、オランダ王国大使館、社団法人日本写真協会、社団法人日本写真家協会
協  賛:キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、ティエヌティエクスプレス株式会社


090816.jpg

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30