貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

批判される人間でいろ

2011年03月21日(月)15:27|仲間

年がいってきたせいか、最近思ったことをすぐ口にしてしまう(笑)。

日本では「周りに気をつかう」ことが嗜みのように思われるが、海外へ一歩でると「主張しないこと」はいいことではない。

20数年前のカナダでの約一年半の生活は、私にとって「文化の違い」を体感出来た大変貴重な時間だったように思えてきます。

自分の言動で、人を不愉快にしていることがあるかもしれない。
風当たりが、強くなることも。



そんなときに、聞いた言葉です・・・。



批判される人間でいろ。
決して評論家になるな。
何かをやっていれば必ず評論家みたいに批判する人が出てくる。
批判をされるということは何かをしていることだから。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀 脳外科医 上山博康さんの言葉



★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

このページの先頭に戻る