貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

極上のスウィングが、クリスマスの夜を彩ります・・・。

2010年12月23日(木)18:08|JAZZ

いよいよ明日は、クリスマス・イブです。
こんなときは・・・弾むようなスウィング、ロマンティックな旋律、遠い北欧の国から心ぬくもるピアノ・トリオ。

楽しみな夜になりそうです・・・・・。


■ウラジミール・シャフラノフ 2010クリスマス公演

★12月24日(金) 兵庫 西宮 「兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院 小ホール」

今年の夏、通天閣JAZZ LIVEを皮切りに4ヵ所のツアーを行い各地で興奮の渦を巻き起こした、ウラジミール・シャフラノフの日本公演。その余韻も冷めぬまま、今度はクリスマスという素敵な時期に合わせた再来日公演が決定しました!夏らしいGroovyなプレイも、冬に似合う上品なスウィングも、どちらも「シャフラノフらしい魅力」を語るに欠かせません。

今回はフィンランドで共に活躍中のメンバーを引きつれて、心浮き立つジャズと人懐っこい満面の笑顔を届けにやってきます。凛とした北欧の冷気、日本の柔らかな冬。二つの国の洗練された聖夜をお楽しみください。なんだか特別なクリスマスになりそうな予感です。

(澤野工房HPより)



ウラジミール・シャフラノフ・トリオ 2010クリスマス公演

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント




このページの先頭に戻る