貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

弊社オリジナルDVD紙製ケース(見開き紙ジャケ)」の新作です。

2016年10月31日(月)06:21|貼箱

貼箱(はりばこ)を通して、ブランド をつくる !!

ひとつは、ハーフエアというコットンぽい柔らかくやさしい質感の紙、もうひとつは、クロスペーパー(壁紙っぽい質感)で貼ったケースです。

最近はホテルなど結婚式場のウエディング・プランナーさんは女性が多く、一般的な「プラスチックケース」だとコストは安いんですが高級感や上質感もなく、無機質なケースで味気ないという声をよく聞きます。

このDVDケースは、ディスクを保持する部分(ストッパー)以外はすべて紙で出来ています。
プラスチック・ケースと異なり、あったかくやわらかい雰囲気で、お選びいただく紙によって質感や色の違いで様々なイメージのケースをつくることが出来ます。

大切な、結婚式の想い出。
受け取ったときの喜びやずっ〜とだいじに置いておくのに、こんな素敵なケースにしまっておきたいですね.......。



詳細は、作品例「オリジナルDVD紙製ケース(見開き紙ジャケ)」をご覧ください。


オリジナルDVD紙製ケース(見開き紙ジャケ))

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント




このページの先頭に戻る