マーケティング視点を養おう!

公開日:2018年03月27日(火)07:18|セミナー・勉強会

昨夜は、パッケージの構造設計からデザインまで総合的に学ぶ「大阪パッケージアカデミー」の番外編セミナー「パッケージデザインの意図を紐解こう!」が行われました。

第一部はパッケージデザインミニセミナー、「マーケティング視点を養おう!」。
パッケージデザイナー三原美奈子さんによる、パッケージデザインに欠かせないマーケティング感覚をわかりやすく解説してもらいました。

第二部は、「商品分析ワークショップ」。
セミナー内容を受けて実践するワークショップで、この商品のパッケージは「なぜこの形状なのか」、「なぜこのデザインなのか?」など、全てのパッケージデザインには理由があります。
参加者には300円までの「箱入りスナック菓子」を持ってきていただき、それを皆さんで紐解いてみることに!!

通常は「商品パッケージ」をマーケティングの視点でみることはありませんが、メーカーは市場における自社商品のポジショニングなどを考慮しながら、どのマーケット(ターゲット層)に向けて商品開発をしていくかを決めていきます。

そして最終的には、パッケージの形状やビジュアルに落とし込みます。
単なる見た目だけでなく、店頭の棚に並べられたときに「どう見えるか?」なんかも検証され、色使いや文字など緻密な計算の元にデザインされます。

そうやってみていくと、普段食べているお菓子なんかも、いろいろなことを考えて作られているのですね。とても興味深いお話、そしてワークショップでした。

これが弊社でつくる「貼箱」になると、基本的にビジュアルはないですが(笑)、貼箱のサーフェイス(表面)を構成する「COLOR(色)、MATERIAL(素材)、FINISH(仕上げ)」の3つの要素によってパッケージの質感 を大切にし、美しくどことなく色気や艶っぽさを感じさせるデザインは、商品イメージを "感性" に訴えかけていくのです。

大阪パッケージアカデミは、半年間に渡り設計・企画・デザインを座学と演習、現場実習を通して学ぶ総合コースです。現在、4月から始まる2期生を募集中です〜!!

詳しくはこちら
http://e-nakanokigata.cc/package-academy

パッケージデザインの意図を紐解こう!
パッケージデザインの意図を紐解こう!
パッケージデザインの意図を紐解こう!
パッケージデザインの意図を紐解こう!
パッケージデザインの意図を紐解こう!
パッケージデザインの意図を紐解こう!

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30