貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

パッケージとして、新たな価値の創造.....。

2016年07月21日(木)06:48|貼箱

こちらは、家具、インテリア、輸入家具の販売・オーダー家具の企画販売をされているメーカー様からご依頼いただいた貼箱です。

店舗、ショールームをいくつも展開されており、お客様へカタログや会社案内をお渡しする際、それらを自社の封筒に入れて渡されていました。それが一般的ですが、それだとどこかに紛れ込んでしまってわからなくなることがあります。
またブランディングの観点からもそれだと普通なので、カタログ用のボックス(ケース)に入れてお客様にお渡しする案が社内で出て来たそうです。



詳細は、作品例「カタログ、会社案内用ボックス(ケース)」をご覧ください。



パッケージとして、新たな価値の創造.....。



貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。



★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

このページの先頭に戻る