常識外れの尖った商品と箱、 作り手の思いを届けてみては!?

公開日:2012年11月10日(土)15:56|貼り箱

音響機器メーカーさんから、ご依頼いただいた貼箱です。
既存のイヤホンとは一線を画すかなり尖った商品のため、パッケージも尖った感じにデザインされています。

そのメーカーさんは、今まで自社製品であるイヤホンのパッケージは「トムソン箱(組箱)」を多く使われていました。
最初電話でお問い合わせをいただき、「すぐに打ち合わせをしたいので、伺います。」とのことで、翌日東京からお越しくださいました。



詳細は、作品例「「イヤホン・パッケージ」」をご覧ください。



earphone300.jpg

earphone4.jpg



貼箱の<お問い合わせ>は、こちらからお願い致します。



★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30