貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

初めて、「銅版画」を貼箱に!

2010年01月21日(木)21:41|貼箱

今春に行う「銅版画」とのコラボレーション展示会、まずは「銅版画」を貼箱に出来るかどうかテストしてみました。

銅版画家の大坪麻衣子さんが、まずは試験用に銅版画を刷ってくれました。(今回は、あくまでもテスト用の版画です。ホンモノは、もっと素晴らしいです!)

使われた紙は、四六判100kgの紙(名称は不明)。結構、堅めの紙のようです。
銅版画を刷る場合、紙を一旦水につけておき十分水分を吸わせてから、原版となる「銅版」とその紙を圧着ローラーを通して圧力を掛けます。

その時に、水分を十分吸った紙は銅版の細い線まで深く入り込み、ホントに繊細な線までも表現が出来るのです。
ただし、銅版が紙にめり込むため、紙の断面でいうとかなり「段差」が出来ます。

この「段差」は貼箱にとっては難しく、糊付機に紙を通したとき、凹んだ部分は糊(ニカワ)がつきません。
ちょっと問題がありますが、何とか形にすることは出来ました。
でも、やっぱりこの紙はかなり堅い感じです。もう少し柔らかい紙の方がいいかもしれない。
まあ、糊をもう少し工夫すれば、何とか大丈夫そうです。

それにしても「印刷」とは違い、ホンモノの「銅版画」を貼箱に出来るなんて贅沢ですね。
印刷では絶対に表現できない「繊細な線や色のグラデーション」、作家の方の想いがこもった銅版画が「貼箱」になる。

今回の試験で、その可能性が現実のものになったような気がします。
春の展示会まで、そんなに時間がありません。

大坪麻衣子さんの「作品」が素晴らしい「貼箱」になるように、これから彼女と私の感性のぶつかり合いです・・・。



銅版画と貼箱銅版画と貼箱
銅版画と貼箱銅版画と貼箱
銅版画と貼箱銅版画と貼箱
銅版画と貼箱銅版画と貼箱銅版画と貼箱
銅版画と貼箱銅版画と貼箱

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

らんでざいん|2010年01月22日(金) 12:57

これはすごい!
ぜひ、ホンモノを見てみたい。
春の展示会、またご案内ください。

それにしてもそのまま鑑賞できる貼箱が増えていってますね。
このペースで増えていったら来年は個展できますね。
ぜひご検討ください!

hakoya@村上|2010年01月22日(金) 13:12

らんでざいんさん

これはすごい!
ぜひ、ホンモノを見てみたい。

まずは、大坪さんらに見てもらおうと思います。
銅版画作家の方が見て、どう感じるか?
感想を聞いてみたいです。

このペースで増えていったら来年は個展できますね。

「個展」ですか?
そんな大それたことは考えもしませんよ〜(笑)。

Maiko OTSUBO|2010年01月22日(金) 15:09

貼箱の試作、ありがとうございます!
(試し刷りへのフォローも…!笑)

いつもと違う事をするので、ともかく早い段階で
色々と試しておいた方が良いと思いました。
刷っていても細々と気付く事があり、今後も実際に手を動かして
試行錯誤して行きたいと思います。
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

らんでざいんさん

良いものができるよう、楽しむ気持ちを持って創りたいと思っております。
春の展示会にも どうぞお越しくださいませ*
 

hakoya@村上|2010年01月22日(金) 15:31

Maiko OTSUBOさん

いつもと違う事をするので、ともかく早い段階で色々と試しておいた方が良いと思いました。
刷っていても細々と気付く事があり、今後も実際に手を動かして試行錯誤して行きたいと思います。

そうですね。
本番に入る前に、試しておけることは出来るだけテストしましょう。
きっと、いい作品が出来ますよ!

アッサムTEA|2010年02月08日(月) 20:02

お久しぶりです!!
4月に個展をされる銅版画作家さんって、やはり大坪麻衣子さんだったんですか〜♪
かなり苦労されてるみたいですが、その分 完成が楽しみですね。
もちろん観に行かせてもらいます。

hakoya@村上|2010年02月08日(月) 20:06

アッサムTEAさん

かなり苦労されてるみたいですが、その分 完成が楽しみですね。もちろん観に行かせてもらいます。

そうですよ〜。
まだ試作段階ですが、きっといい作品が出来上がると思います。
お楽しみに〜!

このページの先頭に戻る