貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

クリエイティブクラスターミーティング Vol.25

2009年02月08日(日)18:01|イベント

2月5日(木)、
クリエイティブクラスターミーティング Vol.25
中小企業×クリエイター
「異分野コミュニケーションが生み出す、新しい可能性とは?」

に、スピーカーとして出演させていただきました。

今回のスピーカーは、中小企業経営者とクリエイター。

異分野コミュニケーションの方法や、中小企業とクリエイターが出会うことで生まれる可能性、互いの価値の高め方など、経験値に基づく意見交換を行いました。

製造業チームは、トナカイ倶楽部からでも笹尾さん、吉持さん、私と3名、その他口の立つ方々ばかりで、アドリブに弱い私は、MCのエサキ氏の質問に、タジタジでした(笑)。
自分でまとまりのない答えをしているのはわかっているんですが、上手く表現できません。

周りの方々のカッコよく答える姿が、羨ましかったです。
こういうのって、難しいですね。

例えば、こんな内容でした。

<中小企業、クリエイターのここが変!>
・中小企業(製造業)の社長は、「イメージ」を伝えるのが苦手!?
・社長の「こだわり」が、なかなか伝わりにくい。
・消費者不在になる場合が多い。


<企業のブランディングに掛かる費用、内容などをクリエイターとどうやってすり合わせるか?>
・費用は、その企業によって予算があるので、話しあいになる。
 内容については、出来るだけ「提案」をしていくようにする。
 その辺に、手間を惜しまない。


<クリエイターにとっての「ブランド・コンセプト」とは?>
・細部まで、こだわり抜く。
・経営者に興味を持ってもらい、そこから自社の仕事を魅てもらう。


<中小企業(製造業)のブランディングとは?>
・志が高い。
・100年後、200年後でも活き続ける製品作り。
・周りから、「この会社が手掛けてるな。」といわれるような仕事をする。
・お客様から相談される存在になり、「作る」から「創る」へ。


<どんな相手と仕事がしたいですか?>
・人の話をよく聞いてくれる人。
・思い(想い)を共有できる人。
・コミュニケーションがとれる人。
・夢いっぱいで、仕事が大好きで、社員さんが好きな経営者。

イベント風景イベント風景イベント風景イベント風景イベント風景

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント




このページの先頭に戻る