唐長ワークショップ

公開日:2009年03月22日(日)17:22|ワークショップ

創業380年以上、昔ながらの完全アナログ技法で京唐紙を作るただ1軒の唐紙屋、「唐長」

その唐長のワークショップに、友人と一緒に参加して来ました。

今回から十一代目当主とおかみの二人が中心となり、ご指導いただきました。
唐紙づくりでは、昔からの技法で、便箋の大きさの唐紙6枚を作りました。
板木(はんぎ)は唐長文様を使い、新たに彫ったものを使いました。
また、当主の談話では、唐紙づくりの技法、絵の具の配合や配色、和紙、文様のことなど、これまで唐紙に携わってきた経験談を交えたユニークな内容をお聞きしました。

今回から十一代目当主とおかみの二人が中心となり、ご指導いただきました。
唐紙づくりでは、昔からの技法で、便箋の大きさの唐紙6枚を作りました。
板木(はんぎ)は唐長文様を使い、新たに彫ったものを使いました。
また、当主の談話では、唐紙づくりの技法、絵の具の配合や配色、和紙、文様のことなど、これまで唐紙に携わってきた経験談を交えたユニークな内容をお聞きしました。

そして、おかみの案内で一般非公開の庭のある工房へ連れていっていただきました。
唐紙でしつらえた部屋の内装を見学。
そこでお茶をしながら「唐紙を使ったインテリア」について、これまで培ってきた経験をもとにした興味深いお話を聞かせていただきました。

その中での女将の言葉の中に、「380年以上にわたる唐紙を、これから将来に向けて伝えていくことが、いかに難しいか。」というお話をされていました。

歴史と伝統があればあるほど、それを伝えていくことが困難だということです。
しかし、便箋やポストカードなどのステーショナリーのみならず、インテリアとして内装に施された「唐紙」は圧巻でした。

数百年前に創り出されたとはとても思えないモダンなデザイン、使用されている和紙の風合い。そして、一枚ずつ手作りされた唐紙が醸し出す雰囲気は、伝統とモダンの見事な融合でした。

いつの日か、弊社工場にギャラリーを作る時には、是非取り入れたいと感じました。

「唐紙」に惹かれるのは、「一枚ずつ手作り」という方法が、弊社の「貼箱」とよく似ているからでしょうか。
歴史や伝統、技法は違いますが、将来の日本に是非残していただきたいものです。

京都で歴史と文化に触れ、素晴らしい時間を堪能した半日でした。

唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子唐長ワークショップの様子

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

コメント

タケやん|2009年03月23日(月) 23:26

おふたりとも、勉強熱心ですね〜  私は昨日、 上賀茂さんから下鴨さんへ、お参りに・・・・・・

京都での休日、それぞれですね〜・・・・・

hakoya@村上|2009年03月24日(火) 10:55

タケやんさん

最近、京都に行くことが多くなりました。
今日もこれから京都までセミナーに行って来ま〜す。

アッサムTEA |2009年04月15日(水) 19:39

あらあら、けっこう大勢で参加されてたんですね。
小野商店さんのブログで先に拝見させて頂いてました。
すごく臨場感あふれる美しい写真ばかり。
唐長のワークショップなんてホント羨ましい・・・

hakoya@村上|2009年04月15日(水) 21:27

アッサムTEAさん

あらあら、けっこう大勢で参加されてたんですね。
小野商店さんのブログで先に拝見させて頂いてました。

男三人で参加しました。
思いっきり、「歴史と文化」を堪能しちゃいました!

すごく臨場感あふれる美しい写真ばかり。
唐長のワークショップなんてホント羨ましい・・・

ホントに、いい時間を過ごしました。
アッサムTEAさんも、是非一度参加してみてください。
感動ものですよ!!

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30